HOME > 慶大合格体験記2016 > 文学部合格(横浜校)

慶大合格体験記2016 部活との両立に河合塾を活用。
高3からの受験勉強がスムーズに

髙井 梨花さん
文学部合格
2015年度 河合塾 横浜校 在籍高校グリーンコース
髙井 梨花 さん
神奈川県 清泉女学院高校 出身
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"慶大現役合格"へと導く河合塾のコース

合格を知った瞬間はどのような気持ちでしたか?また、誰に報告しましたか?

前日に併願していた法学部の不合格の結果を受けていたので、文学部の結果を見るのがとても不安でした。
だからこそ、合格の文字を見たときは本当に嬉しかったし、安心しました。

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

朝起きたときは思っていたより緊張しなかったのですが、いざ試験会場に到着すると気分が悪くなり、結局教室に入ったのは開始時間ギリギリでした。早めに行っておいてよかったと思います。

試験当日の休憩時間は、どの大学もとても長いです。音楽を聴いたり親と連絡を取ったりして、周りの雰囲気にのまれることなく普段の自分を保つことも大切です。

慶應義塾大学をめざした理由は何ですか?また、いつ頃から慶應義塾大学受験を意識した勉強を始めましたか?

私はもともと、英語・数学の2科目で河合塾のONE WEX講座(高校グリーンコース)を受講していて、国公立大をめざしていたのですが、高校2年生で数学が追いつけなくなり、私立大文系に絞りました。
慶應を第一志望にしたのは、私立大文系のトップということと、洗練されたイメージが強かったからです。

髙井 梨花さん

部活と習い事を引退して真剣に受験勉強に取り組み始めたのは、高3生の4月でした。しかし、高1・2生のときに河合塾でレベルの高い授業を受けていたことで、ほかの科目に時間をかけることができました。

苦手科目の対策をどのように行いましたか?

世界史は自分で勉強しなくてはいけなかったので、本当に苦労しました。特に社会学系の学部は近現代がかなりのウェイトを占めるので、夏休みは教科書を2周読み、自分で通史を終わらせました。
また、河合塾で2学期から授業を受講していたので、その復習を完璧にするよう心がけました。

そのほか、模試を1つの目安にして、ひとつひとつの模試までに教科書を1周終わらせるなど、計画を立てるのもよいと思います。

受験期を振り返って、合格できた秘訣は何だったと思いますか?

受験期は本当に長いので、気持ちを保つのが一番大変でした。落ち込んだり勉強がはかどらなかったりしたときに、立ち直れるきっかけを用意しておくのが大切です。私はチューター(進学アドバイザー)に相談したり、友だちと昼ご飯を食べたり、息抜きにカフェなどで勉強したりしていました。

また、自分の第一志望校に合格したチューターや先輩にアドバイスをもらうことでも、モチベーションを維持できたと思います。

慶應義塾大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

情報は自分で早めに集めた方がよいです。また、授業は同じ講座名でも講師によって変わってくるので、チューターや友だちに聞いておくことも必要だと思います。参考書や問題集は、「この大学をめざす人には鉄板」というようなものがあるので、自分で探して早めにやり始めるのも大切です。

受験期は長くて、精神的にとてもつらいですが、周りに流されず自分を信じて頑張ってください。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

このたびは、慶應義塾大学合格、本当におめでとうございます。
梨花さんが謙虚に努力し続けたことが実を結び、とても嬉しく思っています。受験を通して、梨花さんの人としての成長を間近で見ることができました。

大学生活は、自ら動けば動くほど充実したものにすることができます。
「受験生活、自分は本気で頑張ることができた」という記憶を誇りに、ぜひ素敵な大学生活を送ってくださいね。期待しています!

藤本 恵美

藤本 恵美

河合塾 横浜校

〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-11-9
TEL:0120-192-149

  • 詳細はこちら
河合塾 横浜校
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"慶大現役合格"へと導く河合塾のコース
HOME > 慶大合格体験記2016 > 文学部合格(横浜校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.