HOME > 大学情報 > 慶應義塾大学の交換留学制度

慶應義塾大学の交換留学制度 -慶應義塾大学への進学後の
交換留学制度について知ろう-

皆さんは海外留学に興味はありますか? 慶應義塾大学にはさまざまな留学制度があり、大変充実しています。学内選考がありますので、その選考を勝ち抜くためには選考の時期、留学の時期、必要な語学力などについての情報を早く知って対策しておくと有利です。
ここでは慶應義塾大学の派遣交換留学制度の概要についてご紹介します。

失敗しない留学を実現するポイント

何年生で留学すべきか

4年生で留学する場合

交換留学では留学中に履修した単位が認められるため、4年間で慶應義塾大学を卒業することは可能です。しかし、4年生で留学すると、就職や卒業論文などのため、卒業年度を延長せざるを得まなくなる場合が多く見られます。

3年生で留学する場合

3年生で留学する場合、留学準備期間が多く取れる、留学先で学ぶ事が明確になっているなどメリットもありますが、就職活動やゼミ必須履修時間などのため、自発的に留年を選択する方もいます。

3年生で留学して4年間で慶應義塾大学を卒業し、満足のいく就職先を獲得される方は、インターンをはじめ、業界研究・自己分析・面接対策などの就職活動を留学前にされています。
また、出発まで可能な限り英語力をネイティブ並みに高め、ハードな留学中でも企業に応募する時間と体力の余裕がつくれるようにしています。

2年生で留学する場合

2年生で留学する場合、就職活動に影響が出ず、4年間で卒業がしやすいメリットがある反面、1年生の10月または12月(秋留学の場合)には応募書類をそろえなければならず、準備がとても大変だという点があります。

また、1年生の前期の成績だけが選考要素となるため、英語学習だけでなく学業も好成績を収めなければならないこと、6月に実施される留学フェアーで情報を可能な限り集めるなど、準備のための緻密な計画立てがカギとなります。

AO・推薦合格者は交換留学の選抜に有利!?

留学する海外大学の選抜者人数は1校あたり1~3名程度。人気の集中する大学へ選抜されるためには、AO・推薦入試で早く進学を決めた方は、語学力アップのための準備の時間が確保できる分、メリットがあると言えます。

また、受験のために作成した志望理由書が役立ちます。大学卒業後の将来まで見据え、自分が慶應義塾大学にどのような貢献ができるかまで考え抜いて作成した志望理由書は、交換留学に応募する際に提出するエッセイや学習計画書に応用ができるからです。

慶應義塾大学 交換留学制度の仕組み

留学制度

慶應義塾大学には、ダブルディグリープログラム、派遣交換留学、私費長期留学、短期プログラムの4種類のプログラムが用意されています。 ダブルディグリーは慶應義塾大学と海外大学の両方から学位を取得できるプログラムです。

留学中の学費等と単位交換について

留学中の学費等

派遣交換留学に関しては、慶應義塾大学の所属学部・学科の授業料等を留学期間分納めることにより海外大学の学費は免除になります(一部のプログラムではその限りではありません)。一般的に学費を除いた生活費として、1年間で150~250万円程度かかると言われています。ちなみに、アメリカの大学の1年間の学費は日本に比べてかなり高額です。

私費長期留学は留学先の学費などは支払いますが、慶應義塾大学の学費は免除されることがあります。

また、慶應義塾大学では留学に関する奨学金制度が多数用意されています。

交換留学中の単位交換

学部により30~60単位まで留学中に修得した単位が帰国後の教授会・研究科委員会での選考を経て承認されます。そのため、準備の段階で留学先のコースをよく調べたうえで、担当教員または教授と相談しておくことが大切です。

留学中に取得した単位が慶應義塾大学の卒業・課程の修了に必要な単位として認められるため、標準就業年数(多くは4年)での卒業が可能です。

私費長期留学では、留学先教育機関や授業によっては単位認定されない場合がありますので、留学前はもちろん、留学中も担当教員や教授に相談できる関係をつくるなど注意が必要です。

  • ※上記の内容は年度や所属学部・学科により異なりますので、詳細は大学の各担当窓口で必ずご確認ください。
  • ※「慶應義塾大学 国際センターHP」はこちらからご覧いただけます。

留学時期と準備スケジュール、選考のポイント

留学時期と準備スケジュール

留学スタート時期は、秋(9月ごろ。主に北半球)と春(2月ごろ。主に南半球)の年2回です。

申込み時期は秋留学の場合は2回あり、出願締め切りは1期が前年の10月上旬、2期が12月中旬頃です。春留学の場合は6月初旬頃です。協定校によって募集期間が異なります。秋留学の場合、英語圏の地域は1期での出願締め切りが多いようです。
例年、6月に秋出発用、10月に春出発用の留学フェアーが日吉キャンパスで開かれます。それぞれのプログラム、留学先の大学、準備の仕方などの説明を聞くことができます。

選考のポイント

応募期間中に、志願者は大学の成績である学業成績表(最低基準あり)、留学志望理由、英語の語学能力証明書が必要な大学への留学の場合はTOEFL iBT(R)総合70点以上、もしくはIELTS5.5以上を証明する語学能力証明書、学習・研究計画書、志望校別志望理由書等を「KEIO IC-NET」で出願します。

TOEFL iBT(R)の結果は受験日から約10日後にオンライン上で発表され(IELTSは13日後)、スコアレポートは約13日後にアメリカから発送されます。手元に届くまでに1カ月以上かかる事もあります(IELTSは日本から発送)。
東京都内であれば、どちらの試験も月に複数回実施されていますが、テスト結果の発表スケジュールを考慮して応募締め切りに間に合うように受験や準備をしなければなりません。

学習・研究計画書や志望理由書等は日本語と英語(留学先によっては別の言語の場合もあります)両方を用意します。

学内選考では、大学の選考委員がそれら応募書類を多面的に検証し、慶應義塾大学の代表として留学先の大学に推薦するに足る人物かを判断します。学内選考で派遣支援留学生候補者を決定し、協定校からの受け入れ許可をもらって正式に留学が決定します。

交換留学の準備をどうすべきか

1年生の前期は、新しい環境への適応、友達づくり、履修課目を選択、部活・サークル選びなど落ち着かない日々が続きます。少し大学生活に慣れてきた頃には中間テストが始まり、気がつけば6月の留学フェアーは参加せずに終わってしまい、7月に突入。
そこから交換留学に関して調べ始め、志望する海外大学に選ばれるために必要な成績、英語資格試験のスコアを把握した頃には、期末試験の勉強をはじめなければいけない時期になっています。

期末試験が終わって、さて英語の勉強と思ったときには受験勉強で身につけた英語力は想像以上に抜け落ち、人気で有名な海外大に応募できる10月までに費やせる時間は1カ月半以下。そして、英語資格試験の結果発表は受験から約2週間後のため、さすがに間に合わないといったことがよく起こります。

AO・推薦入試で合格した方は、大学入学まで半年近く時間の余裕があります。入学後、学業に時間を注げるようにするためにも、この半年でTOEFL iBT(R)など英語資格試験の勉強を始めることが2年生で留学を実現する近道です。
一般入試で受験する方は、入試終了後も英語の勉強を継続、あるいは新たに英語資格試験の勉強を始めましょう。

河合塾の「海外大進学プログラムAGOS×K(アゴス・ケイ)新宿校」では、「無料交換留学相談会」や「TOEFL iBT(R)入門セミナー(無料)」などを実施しています。ぜひ交換留学の準備にお役立てください。

TOEFL(R) TOEIC(R)は、Educational Testing Service(ETS)の登録商標です。
This web page is not endorsed or approved by ETS.

HOME > 大学情報 > 慶應義塾大学の交換留学制度
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.