HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 講習を活用して、勉強時間を確保(商学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・商学部) 直前期の過ごし方
講習を活用して、勉強時間を確保

A.Y さん
商学部
長崎県立佐世保南高校 出身
2014年度 河合塾 福岡校 在籍大学受験科

直前期の学習スケジュール

  • 学習計画表授業時間
  • 学習計画表自習時間

直前期の学習スケジュール ※学習時間は、授業を受けている時間を除きます。

直前期の過ごし方

今回は、直前期の過ごし方について述べていきたいと思います。
いよいよこの時期にさしかかりました。寒くなってきますので、身体のケアはしっかりしてください。

直前期の過ごし方が重要!

直前期は本当に大事な時期だと思います。私も身をもって体感しました。
「直前期に勉強しても意味がないだろう」などと思う人もいるかもしれません。ですが、それは大きな間違いです。

私は現役時代、直前期にサボってしまったことで、それまでに勉強してきたことを台無しにしてしまいました。その結果、志望していた大学には合格できませんでした。
特にセンター試験後はなんとも言えない達成感に見舞われ、勉強しなくなる人が多いようです。センター試験は通過点であり、ゴールではありません。自分のゴールがどこなのかをしっかりと考えて動くべきでしょう。

勉強できない人こそ講習を活用!

直前期に勉強できないという人は、冬期講習や直前講習を積極的に受けるべきだと思います。「嫌でも勉強しなければならない」という状況に自分を置くことにより、おのずと勉強時間も増えてくると思います。

私が受講してよかったのは、冬期講習の『早慶大日本史直前講習の『早慶大日本史テストです。
日本史は直前期に最もやるべき科目です。暗記科目はこの時期からでも知識を増やすことができるからです。英語や国語は急に力がつくものではありません。だからこそ、暗記要素が強い日本史を直前期に覚えなおして、知識として定着させるべきなのです。

冬期講習の『早慶大日本史は、早慶大の研究をするのに最適なテキストとなっているため、バイブル的な役割を果たします。このテキストは入試直前に見直せてよかったです。
また、直前講習の『早慶大日本史テストは予想問題のため力試しになりますし、その問題が入試に出題されることもあります。

冬期・直前講習を受講すると予備校にいることになりますので、嫌でも勉強することになるでしょう。逃げることはできますが、ここでの努力があなたの人生を決めかねません。最後に踏ん張りましょう。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース
冬期・直前講習(高校生・高卒生対象)
河合塾の講習で実戦力を高め、入試本番に臨もう!

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 講習を活用して、勉強時間を確保(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.