HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 過去問で苦手を把握し知識を体系化(総合政策学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・総合政策学部) 直前期の過ごし方
過去問で苦手を把握し知識を体系化

高校グリーンコース受講講座

直前期の学習スケジュール

  • 学習計画表授業時間
  • 学習計画表自習時間

直前期の学習スケジュール ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。

直前期の過ごし方

入試直前期は高校での授業がなくなり、ほとんど自分でスケジュール管理をしなければならない時期。予定の立て方次第で、勉強で身につく知識の質も変わってきます。私の入試直前期をご紹介します。

全体を意識した勉強を行う

私は夏休みに基本事項をしっかりと復習し、秋には応用問題に取り組んでいて、網羅的な学習をしていたつもりでした。しかし、実際に過去問を解いてみると、日本史の場合は、時代順に並べ替える問題など、歴史全体の流れを知らないと解けないような問題、英語や国語の場合は、長文読解問題のうち、最後の方にある文章全体の要約や続きを予測する問題などが解けていませんでした。

そのため、入試直前期には問題全体の流れや、自分の頭の中にある断片的な知識を体系化していくような勉強の仕方をしていました。

科目別の学習ポイント

英語

英語はとにかく長文をたくさん読みました。センター試験でも私立大の過去問でも、長文があればとにかく読み、長文全体の論旨を考えるようにしていました。また、冬期講習では「慶大英語」を受講しました。

日本史

日本史は冬期講習の「早慶大日本史」を受講し、日本史の全体の流れをつかめるような勉強をしました。
具体的には、講座で配られたテキストに載っている年表を何度も読みました。また、内閣総理大臣を初代から書いて、それぞれのときに起こった出来事を何も見ずにまとめたりなどもしていました。

小論文

慶應義塾大学の小論文の課題文をたくさん読みました。文章のレベルが高く、小論文の答えを考える過程で、課題文の内容を何度も頭の中でまとめなおす必要があり、全体を意識した勉強をするにあたって格好の材料だと思います。

※ 慶應義塾大学の小論文の出題傾向は「慶應義塾大学 小論文実施状況」でご確認いただけます。

最後に

いよいよラストスパートです。今まで自分が勉強してきたことを信じて、入試直前もペースを崩さず、悔いのない受験にしてくださいね。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
冬期・直前講習(高校生・高卒生対象)
河合塾の講習で実戦力を高め、入試本番に臨もう!

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 直前期の過ごし方 過去問で苦手を把握し知識を体系化(総合政策学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.