HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 直前期に感じたスランプを克服(経済学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・経済学部) 激励メッセージ
直前期に感じたスランプを克服

N.I さん
経済学部
神奈川県 桐光学園高校 出身
2017年度 河合塾 町田校 在籍 大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

大学受験科で通ったコース

最後の追い込みの時期になりましたね。そこで私が直前期に感じたスランプを乗り越え、どう過ごしていたかをお伝えしたいと思います。

不安になったときは、ひたすら継続して勉強

秋に受けた模試の結果が返却され、もし判定が悪ければ「今までの勉強が無意味だったのでは……」、「このままだと厳しいのでは……」と不安になると思います。そして、その不安が影響して、なかなか勉強に手がつかない状況になっている受験生もいると思います。

私はまさにこのような状況で、模試で良い判定を取ったり、過去問で良い点数を取ったりしても、「本当に志望校に受かることができるのか……」と不安でした。
しかし、こうした不安がよぎる度に、自分自身に「これだけ勉強したから大丈夫」と言い聞かせました。そして、「周りに応援してくれる人がいる。せめて結果が全部出るまでは、弱音を吐かずに精一杯やれるだけやってみよう」と思い直し、ひたすら継続して勉強しました。実際にその継続が早慶大合格につながったのだと思います。

この時期は誰しもが不安を抱くのではないかと思います。ですが、受験をする前に弱気になることは無意味だと思います。受験生として受験を終えるまでは、弱気にならずに志望校に受かるためにベストを尽くすことが一番大事です。

オンオフを意識し、息抜きの時間も持とう

ただし、勉強のみをしていては精神的にも追い詰められ、息が詰まってしまうと思いますので、直前期であっても適度な休息は必要です。
私は平均して朝9時から勉強を開始し、ノルマが終わるのが夜の21時くらいでした。その後は時間を決めてゲームをしたり、映画を見たりと、好きなことに充てていました。

オンオフを意識してメリハリをつけ、かつ強気に「絶対受かる」という意志を持って勉強を継続することが合格への道であると思います。

最後に

これまでやってきた勉強から得たものは、皆さんのものとなっているはずです。自分で自分の限界を設けずに、最後まで貪欲に勉強して合格を取りにいきましょう。
辛いときは「キャンパスを歩いて大学生活を満喫している自分」を想像してみてください。あきらめずに努力すれば、その先に最高の4年間が待っています。応援しています。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 直前期に感じたスランプを克服(経済学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.