HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 私が入試直前期に気をつけたこと(総合政策学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・総合政策学部) 激励メッセージ
私が入試直前期に気をつけたこと

E.A さん
総合政策学部
東京都 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍 高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

高校グリーンコース 受講講座

入試本番を目前にし、不安や緊張が大きくなっていると思います。焦ってしまう気持ちもよくわかりますが、入試本番で十分に実力を発揮するために、最後まで落ち着いて受験勉強に取り組んでほしいと思います。
今回は、私が入試直前に気をつけていたことをお伝えしたいと思います。

体調管理をしっかりと

まずは、何よりも体調管理です。私はとにかく早寝早起きを心がけていました。入試本番で体調を崩してしまっては、100%の力を発揮できなくなってしまいますし、入試当日に寝不足だった場合もパフォーマンスが低くなってしまいます。
万全の体調で、頭をスッキリさせた状態で試験に臨めるよう、睡眠をしっかりとってほしいと思います。

また、体調管理の一環として、食生活にも気を配っていました。消化の悪いものは食べないようにし、体が温まるスープやお茶などを積極的に飲んでいました。
入試当日にも保温容器に入れて温かい飲み物を持参たところ、寒さ対策になったのでおすすめです。

ネガティブになったときは誰かに話そう

入試期間中は、友達や先生と顔を合わせる機会が減り、孤独を感じやすくなると思います。試験でのミスを思い出してしまったり、なかなか思うように解答できなかったりしていくなかで、どんどんネガティブになっていくこともあるかもしれません。
しかし、それはすべての受験生が思っていることだと思います。私の受験体験を思い出しても、自信に満ちあふれた受験生はなかなかいませんでした。

直前期は、身体面も精神面もどちらも非常に敏感になると思います。時には家族に甘え、先生や友達との接点も保ちつつ、ネガティブになったときには誰かに話すなどして常に健康な状態でいることが一番だと思います。

最後に

これまで勉強してきたことに自信を持ち、自分の学習・受験計画を着実に進めましょう。そして、直前期は特に体調管理を徹底し、身体面でも精神面でも万全の体調で入試本番に臨み、今まで培ったものをすべて出し切れるような受験にしてほしいと思います。最後まで頑張ってください。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 私が入試直前期に気をつけたこと(総合政策学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.