HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > スランプ脱出法 やる気がでない状況を脱した方法(法学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・法学部) スランプ脱出法
やる気がでない状況を脱した方法

K.J さん
K.J さん
法学部 法律学科
福岡県出身
2015年度 河合塾 新宿校 在籍 大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

大学受験科で通ったコース

英語は得意教科でしたが、合格に必要な点数には少し届かない状況でした。そのため、自分が思ったように点数が伸びず、イライラして勉強に手がつかない時期がありました。私がどのようにしてその状況を打開したのかについてお話しします。

スランプに陥った状況

私は高卒生でしたので、「今年こそは絶対に合格する」という気持ちにあふれ、勉強はスムーズに進んでいた方でした。そのため、自分はスランプと無縁だと思っていましたが、11月の終わり頃に受験意欲がスランプ状態になってしまいました。

11月は模試がたくさん実施され、またその結果を目にする時期です。自分が思うように点数が伸びておらず、イライラがつのっていきました。そこから目を背けたかったのかもしれませんが、「どうして私は勉強しているのか」、「何のために勉強しているのか」、「なんで大学に行こうとしているのか」と、自分自身を質問攻めにするようになってしまいました。
勉強する気が起こらず、手を動かそうにも動かず、ひたすら思考のみに浸ってしまいました。

机に向かい続けることが大切

数人のクラスメイトも私と同じような状態で、代わる代わる誰かがスランプを経験していました。お互い何も言いませんでしたが、辛いのは自分だけではないことがわかったので、少し気持ちが楽になりました。また、みんなの様子を見ていて、「スランプには終わりがくる」ことがわかりました。

そのことがわかったので、「いろいろ考えてしまったり、不安になったりすることは当然で、何の問題もないことだ」と自分に言い聞かせ、もう一度机に向かうことを習慣化しなおし、ただひたすら目の前の課題に取り組み続けるようにしました。

ただし、どう頑張っても何も頭に入ってこないときは、思い切って休みました。散歩をしたり、読書をしたりして少しだけ休憩を取り、気分転換をはかりました。

このように、勉強する気が起きないときでも、大切なのは机に向かい続けることだと思います。スランプだと気づいて、それでも今までどおりの勉強を続けていけば、勉強意欲が回復してスランプを抜け出せると思います。

最後に

スランプにはきっと終わりがあります。心配し過ぎずに、スランプの間も手を止めず進み続けてください。応援しています。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > スランプ脱出法 やる気がでない状況を脱した方法(法学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.