HOME > 受験対策 > 部活生の勉強両立術 > 高校1年生 メリハリが大事! 授業に集中(文学部)

部活生の勉強両立術 高校1年生
メリハリが大事! 授業に集中

文学部 J.Hさん

高校生になって、新しく部活に入った人も多いでしょう。今回は、高校1年生における部活と勉強の両立方法について、私の経験をお話ししたいと思います。

部活の活動時間と役職

私は高校時代、3年間陸上部に所属していました。部活は週4日、1日2~3時間ほど練習があり、土日には活動がありませんでした。

1年生の頃は、部活で特に大きな役割や仕事はしませんでしたが、とにかく練習が大変でした。そのため、家に帰る頃にはクタクタになっていることが多かったです。

勉強時間

その頃は特に受験を意識していなかったので、塾には通わずに授業の予習・復習を中心に勉強を進めました。

「課題は絶対に忘れない」ことを目標に、宿題やレポートを出されると必ずそれを期限内に終わらせるように、平日練習が忙しい日でも毎日最低1時間、できれば2~3時間は勉強の時間を作るようにしました。

また土日については、自由に過ごしつつも平日と同様に2~3時間は勉強の時間を確保するようにしていました。

しかし、運動系の部活をやっていると「1日のうちのどこかに必ず勉強の時間を入れること」が体力的に難しいことも多々あります。
そのようなときは、思い切って「ゆっくりする日」を作ってもよいと思います。あまりにも疲れたら、家に帰ってきてそのまま寝ることで、次の日も元気に過ごせますし、勉強もはかどります。

両立のポイント

部活と勉強の両立には、生活にメリハリをつけることと、高校での授業の時間を無駄にしないことが重要です。
授業時間内にできるだけ内容を理解してしまえば、家での勉強時間を減らすことができます。

私の場合は、好きな科目以外は高校の授業に集中できないことも多かったので、それらの科目は家でじっくり勉強するか、授業時間の後に友人に質問しました。
そして、好きな授業はできるだけ高校にいるうちに理解を深めるようにしていました。

1年生のうちは、新しい環境に慣れるだけでも大変だと思います。頑張りすぎずに適度に生活にメリハリをつけて、自分のペースで学習を進めていくことをおすすめします。
そうして過ごしていくうちに、自分にあった生活スタイルが見えてくるはずです。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 部活生の勉強両立術 > 高校1年生 メリハリが大事! 授業に集中(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.