HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 時間の使い方 CASE1 効率的な時間管理のポイント(商学部)

慶大生のおすすめ勉強法 時間の使い方 CASE1
効率的な時間管理のポイント

商学部 A.Yさん

時間管理のポイント

受験生にとって、時間の使い方ほど大事なものはないと思います。私もよく時間を無駄にすることがあり、いろいろと悩みました。
しかし、きちんと計画を立てれば、時間をうまく活用できることに気がついてからは、その悩みも解消されました。

私の場合はコマを設定し、「1コマが1時間半」というように、勉強時間を固定していました。また、帰宅後のスケジュールを決めておき、そのスケジュール通りに勉強をこなしていました。

隙間時間の使い方

一分一秒が惜しい状況ですので、電車やバスの中でも勉強していました。短時間なので集中力が高まり、実に勉強がはかどりました。隙間時間の勉強は、受験当日も行いました。記憶の定着に役立つと思います。

勉強法としては、暗記ものがおすすめです。単語帳とかにまとめて勉強するとよいでしょう。
私の場合は、高校で課される単語テストなどの勉強をしていました。この小さな時間が何日も積み重なると、周りの人との差は驚くほど広がります。通学時間が長い人は、これを活かしてください。

睡眠前の時間は、単語帳とかを開いて、眠くなったら眠るようにするといいですよ。僕は難しい本を読んでいたら、そのまま眠ってしまったこともありますので、眠くなったら電気を消して寝ましょう。

そして、朝起きたら10分間でよいので、前の日の復習をしてみましょう。きっと、記憶の定着率が高くなったことが、実感できると思います。
このように使える時間をしっかりと使っていくことこそが大事になってきます。

授業を受ける心がまえ

高校の授業では内職が認められていないため、授業中はその勉強しかできません。
ですが今考えてみると、すべての科目はつながっているということがわかります。「教養を得るために授業を受ける」というスタンスを心がけましょう。
「やってよかった」というときが来るはずです。受験までの寸暇を惜しんで勉強に励みましょう。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 時間の使い方 CASE1 効率的な時間管理のポイント(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.