HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE2 勉強時間を120分まで伸ばす方法(文学部)

慶大生のおすすめ勉強法 勉強継続法 CASE2
勉強時間を120分まで伸ばす方法

文学部 N.Kさん

今回は私が行った「勉強継続法」についてご紹介します。

世界史

勉強を開始するときは、必ず世界史から始めるようにしていました。私は世界史が一番好きな科目ですので、やる気があるというのも理由の一つです。そして、世界史はそれほど頭を使う科目ではありませんので、ウォーミングアップにちょうどよいと思いました。

英語

私は集中が続かないタイプでしたので、高3の夏休みまでは1回60分までしか勉強していませんでした。無理に90分続けようとしたところで、集中力がないまま勉強することになるので、時間を決めて集中した方がよいと考えたからです。

しかし、第一志望である慶應義塾大学文学部の英語の試験時間は120分ですので、120分間集中力を持続させる必要がありました。そこで、夏休みには一週間ごとに10分ずつ勉強時間を伸ばしていきました。これで過去問を解き始める秋までには、120分が苦痛ではなくなりました。

勉強を継続させるコツ

勉強を良い質で継続させるためには、程よい休憩も大事です。私はお昼ごはんを食べたあとに、必ず眠くなってしまうタイプでした。眠い状態で勉強を続けても効率がよくありませんので、潔く少しだけ仮眠をとるようにしていました。コーヒーを飲んでから寝たり、寝にくい体勢で寝たりすると寝すぎることを防げますよ。

また、私は長時間勉強を続けたり、出来が悪かったりするとイライラしてしまうことが多くありました。この解決方法として、私は河合塾の自習室で勉強していましたので、河合塾の周辺を15分くらい散歩していました。友達と話すとダラダラしてしまってお互いに迷惑がかかりますので、散歩がおすすめです。頭がスッキリしますよ!

そして、勉強継続には勉強の計画も大事だと思います。面倒でも一日ごとに細かく勉強計画をつくってほしいです。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE2 勉強時間を120分まで伸ばす方法(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.