HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE7 やる気が出ないときの解決策(文学部)

慶大生のおすすめ勉強法 勉強継続法 CASE7
やる気が出ないときの解決策

文学部 A.Nさん

受験勉強は長期戦ですので、やる気やチベーションを常に一定で保つことは非常に難しいです。だらだらと勉強をしていては時間が無駄になってしまいます。
今回は効率良く勉強し、継続するためのコツをみなさんにご紹介したいと思います。

勉強の習慣をつける

単純かもしれませんが、毎日のルーティーンを確立することです。たとえば私は、英単語を15分、古文単語を15分、世界史の暗記を30分、これだけは毎日必ず学習するようにしていました。

ポイントはどんなに忙しくても絶対に怠らないということです。少ない時間でも毎日続ければ定着率もグンと上がり、勉強の習慣を確立できます。

やる気が出ないときの解決策

無理に勉強を続けない

勉強のやる気が出なくなったときには、絶対に勉強を継続させてはいけないと思います。受験勉強はただ椅子に長時間座っていればよいというものではありません。これでは勉強をした気になっているだけで、まったく身になっていません。

私はやる気が出なくなってしまったときには、潔く勉強を一旦中止して寝るようにしていました。そうすると気分もスッキリするうえに、自分が寝ていた間にライバルたちは猛勉強をしていた、という焦りから勉強がはかどります。

志望校へ行ってみる

また、自分の志望校に直接足を運んでみるのもよいかもしれません。
私は秋に成績が落ち込み、やる気が出なくなってしまいました。そのときに、三田祭(11月開催)へ行ってモチベーションを高めたことで、受験を乗り越えることができました。

志望大学へ行って自分がここの学生だったら……と妄想すると、俄然やる気が出ますし、良い気分転換にもなります。

最後に

成績がなかなか上がらなかったり、勉強が思うように進まなかったりと、受験勉強は辛いことが多いと思います。しかし、そこでもう一踏ん張りして自分に打ち勝ち、乗り越えていかなくてはなりません。ここで挙げた例なども参考にしながら、自分なりに頑張ってください。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 勉強継続法 CASE7 やる気が出ないときの解決策(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.