HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 暗記法 CASE8 暗記は1日10分を毎日継続!(看護医療学部)

慶大生のおすすめ勉強法 暗記法 CASE8
暗記は1日10分を毎日継続!

看護医療学部 M.Nさん

暗記は理系・文系問わず、受験生に求められることだと思います。みなさんが自分に合った暗記法を見つけ、効率良く学習を進める参考になればと思い、私の暗記法をご紹介します。

1日10分を毎日継続

私は1日にたくさん暗記してもあまり意味はないと考えています。1日に1時間まとめて暗記の時間をつくるより、1日10分を毎日継続する方が、記憶が定着します。

しかし、この毎日継続するということが意外と難しいのです。そのため、通学にかかる電車での30分や高校に着いてから授業が始まるまでの10分など、毎日必ず発生するスキマ時間を毎回暗記に充てることで、継続して勉強していました。

英単語の暗記法

英語の暗記で一番重視したものは単語です。単語力は英語の成績を大きく左右します。

私は自分で単語帳をつくるのが得意ではなく、単語を単語だけで覚えるという作業が苦手でしたので、文を読みながらそれに付随して単語も覚えられる『速読英単語 必修編』(Z会出版)を使っていました。
これを何度も繰り返し読み直しながら学習していくうちに、英単語の意味はもちろんのこと、長文中での用法や文法も同時に身につけることができました。

公式の暗記法

数学は公式を正しく覚えると確実に得点源になります。しかし、数学の公式を頭だけで覚えてもまったく身につきませんし、いざ試験で使おうと思っても思い出せないことがあると思います。

そのため、その公式を使う練習問題を解いて、問題文を読んだら「あ、この公式使うんだな」と思えるようになるまで演習を重ねるほかないと思います。どの公式を使うかわかるようになるまでは大変ですが、一度身についてしまえばなかなか忘れるものではないので、頑張ってたくさんの問題を解きましょう。

化学の暗記法

化学は基本事項を正確に覚えることが重要ですので、最初の暗記は丁寧に行いましょう。

たとえば色のある気体や水溶液等があると思います。そういったものはただ「フッ素=淡黄色」と文字だけで覚えるのではなく、これらの文字自体を黄色のペンで書いてまとめたり、資料集を用いて写真を見たりするなど、視覚で覚えると忘れにくくなります。
私はノートに色を多用するのはあまり好きではなかったのですが、化学の色だけは色ペンを使ってまとめていました。

最後に

暗記法は人によって合う・合わないがあると思います。しかし、自分に合う暗記法を見つけるには一度試してみるしかありません。興味を持った暗記法や気になった暗記法があれば実践してみて、一番自分に合った暗記法を見つけていってください。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 暗記法 CASE8 暗記は1日10分を毎日継続!(看護医療学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.