HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 集中法 CASE2 全然集中できない人向けの方法(文学部)

慶大生のおすすめ勉強法 集中法 CASE2
全然集中できない人向けの方法

文学部 N.Kさん

今回は、私が集中するためにしていた方法をご紹介します。

勉強場所を決める

私は集中力がまったくなくて、家では勉強できないタイプでした。
そこで、朝から夜まで河合塾の自習室を利用して勉強していました。周りにいる人は全員勉強していますので、やる気や集中力があまりないときでも、自然と勉強しようという気分になりました。

自習室で勉強するメリット

合格体験談で「普段、一人で勉強していたら、試験本番のときに周りに人がたくさんいることが気になった」という話を聞いたことがあります。
自習室で普段から多くの知らない人と勉強する癖をつけていると、本番でそのようなことが起きにくいのではないかと思います。

疲れたり、イライラしたりするときは、どうする?

長時間勉強していると、やはり疲れてきたり、イライラしたりすることがあると思います。そのようなときは、私は無理して勉強を続けることはせず、休憩を取るようにしていました。

おすすめの休憩の取り方は、河合塾の周りを10分くらい散歩することです。長時間じっとしていた後に歩くと、気持ちが楽になりますし、外の空気を吸うことで頭もスッキリします。

よくない休憩の取り方は、友人と一緒に休憩をすることです。ダラダラと休憩してしまうので、自分だけではなく、相手にも迷惑をかけてしまうことになります。

眠くて集中できないときは、どうする?

眠くて集中できないこともあると思います。
私はそのようなとき、思い切って15~30分くらい仮眠を取っていました。眠いまま勉強を続けるよりも、少しだけ寝た方が、勉強の効率が上がると考えたからです。

とはいえ、寝すぎるのはよくありません。短時間で起きるために、寝る前にコーヒーを飲んだり、寝にくい姿勢で寝たりするようにしていました。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > 集中法 CASE2 全然集中できない人向けの方法(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.