HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE7 グッズの活用で集中して勉強(看護医療学部)

慶大生のおすすめ勉強法 おすすめ勉強ツール CASE7
グッズの活用で集中して勉強

看護医療学部 M.Nさん

私が受験生のときに愛用していたグッズをご紹介します。気になるものがあればぜひ試してみてください!

耳栓でノイズをシャットアウト

1つ目は耳栓です。私は基本的に自宅のリビングを勉強場所にしていました。私の家では犬を飼っていたことや、母親が専業主婦で常に家にいたこともあり、家の中が無音という状況はありませんでした。

少しの雑音は気にならないため問題なく勉強できていたのですが、イライラしているときや、過去問や長文読解などで集中して勉強に取り組みたいときには耳栓をつけ、完全に外部のノイズをシャットアウトしていました。

耳栓は飛行機に乗るときにつける用のちょっと高いものと100均で買ったものの2個を、家用と持ち運び用で使い分けていました。周りの友達で使っている人はいませんでしたが、とてもおすすめです。

辛めのガムで眠気を覚ます

2つ目はガムです。しかも、ただのガムではなくて、眠気がなくなるようなとても辛めのガムです。私が勉強するときには、机の上にいつもこの辛いガムのボトルが常備されていました。

理由はもちろん寝ないためです。特にお昼後など、どうしても眠くなってしまうときがあります。しかし、いちいちその眠気に負けていたら勉強が進まないので、本当に眠くて一度仮眠を取らなければどうしようもないとき以外は、ガムで眠気に対応していました。ガムを噛むとスッキリするのでおすすめです。

ホワイトボードで勉強の進捗管理

3つ目はホワイトボードです。私はその日にやりたいこと、やらなければいけないことをリストアップするため、ホワイトボードに書き出してから勉強を始めていました。さらに、書き出した後はそれぞれの項目に優先順位を書き足し、勉強の流れを決めました。そして、勉強が終わったら線で消して、今どのくらい終わっているのか、あとどのくらい残っているのかを可視化していました。そうすることで勉強がはかどりました。

また、勉強の進捗状況・やる気に応じて途中で優先順位を変更したり、やることを付け足したりすることもありました。

勉強している間は、常にこのホワイトボードが目に入るようにする事で、気持ちが引き締まりました。

最後に

自分の使いやすいものを使うのが一番ですが、ご紹介したなかで気になるものがあればぜひ試してみてください。皆さんの勉強の手助けになれば嬉しいです。

慶大生のおすすめ勉強法トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 慶大生のおすすめ勉強法 > おすすめ勉強ツール CASE7 グッズの活用で集中して勉強(看護医療学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.