HOME > 受験対策 > 慶大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE3 手軽に使える英単語ノートの作り方(文学部)

慶大生の科目別ノート活用術 英語 CASE3
手軽に使える英単語ノートの作り方

文学部 A.Nさん

英語ノートは高校の授業用ノートの他に、英単語用ノートと問題演習用ノートを作成していました。

英単語用ノート

作成のポイントと復習のタイミング

英単語用ノートには、問題演習をした際に単語帳に載っていなかった単語や、模試で間違えた単語をピックアップし、辞書で意味や用法を調べて小さめのノートに書いていました。

小さめのノートに作成したのは、電車の中などの隙間時間に手軽に使えるようにしたかったからです。英単語や英熟語はやればやるだけ成果が出る、逆に詰め込んでもすぐに忘れてしまうと感じていたので、英単語ノートは短時間でも毎日復習するようにしていました。

英単語用ノート

反省点から改善したこと

英単語用ノートの復習が追いつかず、とりあえず書く、という状態になってしまいました。そのため、同じ単語が複数回出てくることに気がつきました。

「これでは意味がない」と感じたため、分からなかった単語は、毎回紙の辞書で一度調べて、蛍光ペンでラインを引いていました。そして、次にその単語を引いてしまったときは、単語帳に赤いペンで印をつけて、間違えやすい単語と一目でわかるよう工夫しました。

問題演習用ノート

問題演習用のノートは、問題集の長文問題を貼り付けて、余白で問題を解くようにしていました。これで分厚い問題集を毎日持ち歩く手間が省けるようにしました。
また、家で長文を音読するときに自分の解答があると、どこを意識して読めばよいのかが一目で分かるのでおすすめです。

問題演習用ノート

最後に

上記に挙げたのはあくまでも例としてとらえ、自分で勉強をする中でいろいろな方法を試してみることが大切です。英語以外の教科にも言えることですが、ノートは時間をかけてただ書けばいいというものではありません。しっかりとインプットとアウトプットを行うことが大切です。限られた時間の中で効率よく勉強できるように、ノートの作り方を工夫するようにしましょう。

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶大生の科目別ノート活用術 > 英語 CASE3 手軽に使える英単語ノートの作り方(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.