HOME > 受験対策 > 慶大生の科目別ノート活用術 > 地歴・公民 CASE2 難関大で頻出の問題対策ノート(法学部)

慶大生の科目別ノート活用術 地歴・公民 CASE2
難関大で頻出の問題対策ノート

法学部 Y.Mさん

今回は、地歴・公民のノートの作り方について説明します。

地歴・公民は暗記が重要な科目ですが、量が膨大です。特に歴史の場合は「時代の流れ」や「時代背景」の理解が必要になります。
また、基本的な知識はもちろんのこと、細かい知識を入試で問う大学も多いので、私はどこまで詳しく学習するかを考えながら勉強するのが難しかったです。

ノートの使い方

私は日本史選択で、初めのうちは自分なりにまとめノートを作成しようと思っていました。

しかし、あまりにも量が多かったので、基本的には高校の授業で使用していたノートや教科書を使い、最重要知識はそこで暗記していました。

一方、教科書の脚注に記載されている基本事項ではないような点や、教科書に太字で記載されていないところは、問題集や参考書を参考にして難関大学頻出の問題を確認しながら自分でノートをつくりました。

つまり、基本事項や重要事項は高校で普段使っているノートで学習し、そうではではない難関大学特有の頻出問題などは別に自分でノートをつくって学習していました。

ノートの書き方

ノート

ノートの書き方については、まず問題集を解いて答え合わせをし、できなかった部分の解説を読んで、教科書に記載されているかを確認します。
記載されていない事項は教科書に書き込み、その後に同じ解説をノートに書き写します。解説は自分で読んで理解できるように記述しました。

ノートは見開きで使い、左のページは先ほど説明した解説を書きます。その中でも重要な単語や年号だけは赤ペンで書きました。暗記シートを使用して暗記できるようにしたためです。

そして、右のページは白紙にしておきました。後で左に赤ペンで書いた年号や文字を書いて覚えるのに使用するためです。
右のページは殴り書きでよいので、どのくらいページを黒くできるかを重要視して何回も書いて勉強しました。

このようにすることで、自分がどのくらい文字を書いたのかもわかりますし、そのノートと鉛筆さえあれば、どこでも暗記の学習をすることができるのでおすすめです。また、実際の入試や模試の直前にノートを見直した際に、何回も書いて勉強した跡が残っていると、自信にもつながりました。

関連記事を読む

慶大生の科目別ノート活用術トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶大生の科目別ノート活用術 > 地歴・公民 CASE2 難関大で頻出の問題対策ノート(法学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.