HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > 併願大入試 ノートを活用し、徹底的に対策(文学部)

慶大合格者の過去問活用法(文系・文学部) 併願大入試
ノートを活用し、徹底的に対策

N.K さん
文学部
東京都出身
2014年度 河合塾 新宿校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

出題傾向を把握し、過去問を解いた時期

早慶大の出題傾向は、ぼんやりとは前々から聞いていましたが、実際に過去問を手に取って確かめたのは夏休み前でした。夏休みに第1志望である慶應義塾大学文学部の英語を1年分解いて、自分の学力との距離を測りました。

本格的に早慶大の過去問にとりかかったのは10月頃からです。
併願校のMARCH(※)の場合、早慶大の過去問を解く前に、段階を踏むため1年分解き、後は年末に解きました。
安全校は出願する大学を決める際に過去問を見て傾向を把握し、センター試験後に対策しました。

※MARCH:明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大

併願大の志望度

私は早慶大以外の大学に特別な魅力を感じませんでしたので、早慶大以外はほぼ同じくらいの志望度合いでした。

しかし、安全校の不合格はやはり精神的に辛いと思いましたので、手抜きはしませんでした。過去問は最低でも2,3年分解いて、ただ答え合わせをするだけでなく解説を読み込み、解き方もきちんと考えるようにしました。

併願大対策で苦労したこと

私の場合、慶應義塾大学は文学部しか受けませんでした。そのため、第1志望ではありましたが、小論文に時間を割くことがとても厳しかったです。
小論文の授業を取ると大きな負担になりますので、河合塾のフェロー(学習アドバイザー)を利用して自分のペースで小論文の学習を進めました。

女子大はすべての科目が記述ばかりで、その対策が大変に感じました。
しかし、数年分の過去問を解いていくうちに気付いたことは、基礎的なことしか求められていないということです。問題を見た瞬間は驚いても、早慶大対策をしていれば問題ないように思います。

併願大対策に役立ったこと

慶應義塾大学文学部と同じ問題傾向の大学は、併願校の中にはありませんでした。
しかし、慶應義塾大学の対策によって英語の速読力がつきましたし、小論文のおかげで現代文の問題文の中で要点を見抜けるようになりました。

過去問ノートの活用

赤本で過去問対策を始めるようになってから、英語と世界史の「過去問ノート」をつくるようにしました。

英語は問題文のコピーをノートに貼って、余白にわからない単語を書いたり、知らなかった慣用表現を書きだしたりしました。また、解けなかった問題の解法や解いた後の感想を書き込みました。

世界史も同様に問題のコピーを貼り、知らない用語について用語集で調べたことを書いたり、関連事項を書き出したりして、1つのことから多くのことを学べるように工夫しました。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大合格者の過去問活用法 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > 併願大入試 ノートを活用し、徹底的に対策(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.