HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > センター試験 普段の勉強を軸に、演習を重ねる(商学部)

慶大合格者の過去問活用法(文系・商学部) センター試験
普段の勉強を軸に、演習を重ねる

A.Y さん
商学部
長崎県立佐世保南高校 出身
2014年度 河合塾 福岡校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

今回は、センター試験対策について述べたいと思います。
私は私立大学志望のためセンター試験をあまり重視していませんでしたが、首都大学東京を受験しましたので、それなりに対策はしていました。

センター試験とは

センター試験とは何かを簡潔に言いますと、国公立大学の一次試験です。ですから、問題は基礎レベルしか出題されませんし、すべてマーク式です。たまに悪問と言われるような問題が出題されることもありますが、それはまれなことだと思います。

そのような試験であるため、8割を目標に勉強したほうがよいでしょう。
私立大学でもセンター利用入試が増えてきていますので、それを視野に入れて勉強に取り組むのもよいと思います。

科目別の対策

では、私がセンター試験で使用した科目について説明していきたいと思います。

英語

英語は総合力を試している試験形式で、発音、アクセント、語彙・文法、会話文、読解問題など、さまざまな形式の問題が出題されます。ですが、決して難しいものではありません。

単語を学ぶことは、同時に発音やアクセントを学ぶことであり、文法問題を解く鍵にもなります。もちろん読解問題を解くために必要な語彙力にもつながります。また、文法を学ぶことは、文法問題はもちろん、読解問題にも必要になります。

したがって、センター試験だからといって特別な対策は必要ありません。今までどおりの勉強を続けていれば、センター試験の問題もおのずと解けるようになっていきます。

国語

国語は評論、小説、古文、漢文となっています。

評論と小説は本当に難しいときがあります。そのため、しっかり文章を読んで情報を処理する能力を構築する必要があるでしょう。
逆に、古文や漢文はやればできるようになりますので、しっかりと暗記してアウトプットできるようにしてください。

いずれも過去問を解くことが重要だと思います。私は過去20年分ぐらい解きました。

日本史

日本史はそんなに難しくありません。やれば必ず点を取れるようになります。特別な対策は必要ありませんので、普段の勉強を怠らないでください。
現役時代はセンター試験対策を11月ぐらいから行っていました。浪人時代はそのときの復習として問題を解き直していました。
復習は過去問を20年分解いたら、もう一周という形でやっていました。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大合格者の過去問活用法 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > センター試験 普段の勉強を軸に、演習を重ねる(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.