HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > センター試験 安全校確保のため、丁寧に対策(法学部)

慶大合格者の過去問活用法(文系・法学部) センター試験
安全校確保のため、丁寧に対策

K.J さん
K.J さん
法学部 法律学科
福岡県出身
2015年度 河合塾 新宿校 在籍 大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

センター利用入試

私は試験に慣れるためと安全校をセンター利用入試で確保するために、センター試験を受験しました。

安全校として、明治大学(全学部入試)と中央大学・文学部のセンター利用入試に出願しました。両方とも合格通知をいただいたので、第一志望である慶應義塾大学受験の前に安心感を持つことができました。

センター利用入試に出願するかどうか迷っている場合は保護者の方に相談し、できるだけ出願することをおすすめします。

出題傾向の把握

私は浪人をしたのでセンター試験は二回目でした。そのため出題傾向の把握などは前年にしており、二年目の受験の際には出題傾向の再確認を特にはしませんでした。

私立大専願の受験生は私立大の一般入試に集中する必要性があるため、早めにセンター試験対策を終える必要があります。
そのため、高卒生なら夏以前に傾向の把握と対策を終えられればベストですが、まだ対策ができていない場合でも冬までにはしっかりと対策しましょう。

過去問を解いた量

現役と浪人時をあわせると、過去問は10年分解きました。問題に慣れることはもちろん、たくさんの問題にあたることでとても勉強になりますので、時間と労力が許すだけ解くことがおすすめです。少なくとも各3年分は解いて傾向や難易度、分量を確認した方がよいと思います。

科目別の解き方

私は私立大専願でしたので、英語・国語・世界史の三科目で受験しました。どの科目も次の二つのことを意識して解くようにしていました。

時間を計って解く

毎回、きちんと時間を計って解きました。そして、その時間配分が「想定通りか」「最も効率的か」「余裕をもって解答できているか」を確認しました。

一問一問を大切に解く

問題は一問一問を大切に解きました。正直に言って、センター試験の問題は私立大入試の問題に比べるととても容易です。簡単だからこそケアレスミスがないように一問一問を正確に大切に解いていました。

復習・解きなおし

問題自体がそれほど難しくないので、復習や解きなおしの量は少なかったです。そのため、復習に費やす時間も短くて済んだので、数少ない間違いの一つ一つを丁寧に復習しました。

復習のときには「なぜ間違えたのか」「正しい答えは何か」を考えて、自分なりの新しい答えを導いてから解答を確認するようにしていました。気を抜かず、もう二度と同じ間違えを繰り返すことがないようしっかりと復習をすることが、安定して高得点を取るためには大切だと思います。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大合格者の過去問活用法 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶大合格者の過去問活用法 > センター試験 安全校確保のため、丁寧に対策(法学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.