HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学合格者の模試復習法 > 具体的な目標設定と復習が重要(文学部)

慶大合格者の模試復習法(文系・文学部) 具体的な目標設定と復習が重要

Y.A さん
Y.A さん
文学部
東京都 巣鴨高校 出身
2014年度 河合塾 新宿校 在籍大学受験科

模試を受けてよかったと思うこと

模試の意味からお話しします。

模試を受けた後に、成績表の判定だけを見て終わりという人が多いです。
ですが、判定を見るだけではなく、成績表に掲載されている「科目別・分野別得点率」「上位者との差」などを確認することに意味があります。自分の解けなかった問題ができれば、どれだけ成績が上がり、上位や志望校に近づけるかが、そこを見ればわかります。

つまり漫然とではなく、できなかったところを潰していく勉強を計画できます。これは全統記述模試全統マーク模試に限らず、早大・慶大オープンなどの冠模試も同じです。

このように、自分のできなかったところが明確に示され、計画が立てやすかったので、私は年間を通して模試を受けてよかったと感じています。

模試を受ける前に行っていたこと

受ける前には、目標設定を行いました。特に全統マーク模試は、具体的な目標にしました。目標は低くても意味がありませんので、前回よりも10%増に設定していました。
目標設定の段階で、科目ごとの時間配分や得点などをシミュレーションし、模試の前日は単語などの基礎の確認をして、体調管理にも気を配りました。

模試の結果の受け止め方

私の場合は、おおむね目標には及ばない結果でした。良いと思うこともあれば、その真逆のこともありました。「良い」と思ったら勘違いしてしまわないよう、「悪い」と思ったら余計な事を考えないよう努めました。

良くても、悪くても、落ち着いてどこが足りていないのかを考えて、復習や弱点克服の計画を立てるという基本を徹底することに尽きます。
ただし、1回の模試の結果に一喜一憂せずに、次回の模試や本番の試験を見据えて対策を練ることに集中しましょう。

模試の復習

復習は、まず模試の直後と返却後、そして理想はさらに2カ月後くらいにもう一度解くことです。どれも解説をしっかり熟読しながら行いましょう。

英語は、単語や文法をチェックし、英作文や和訳問題はもう一度解きなおしました。

国語の現代文は読解のポイントを確認して、論述問題は書き直したり、読解のポイントを確認したりしながら書き写していました。古文・漢文は英語と同じです。

社会は、わからなかった知識の確認をしました。

小論文は、書き直し、要約の練習をしました。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を"慶大合格"へと導く河合塾のコース
全統模試案内(高校生・高卒生対象)
全国屈指の母集団を持つ、河合塾の全統模試
早大・慶大オープン
河合塾の早慶大対策模試(マーク・記述・論述式)
HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学合格者の模試復習法 > 具体的な目標設定と復習が重要(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.