HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学合格者の模試復習法 > 早大・慶大オープンの復習法 知識の定着には模試の復習が重要(総合政策学部)

慶大合格者の模試復習法(文系・総合政策学部) 早大・慶大オープンの復習法
知識の定着には模試の復習が重要

E.A さん
E.A さん
総合政策学部
東京都 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍 高校グリーンコース

私が早大・慶大オープン(模試)を受験してよかったと思うことは、緊張感を持って本番の入試問題に近い内容に取り組めたことです。今回は、この早大・慶大オープンについてお話しします。

早大・慶大オープンで実戦的な演習

私は大学受験において実戦的なアウトプットの機会があまりないと感じていました。早大・慶大オープンは、本番の入試に限りなく近い状況でアウトプットできた模試でした。

自分で過去問を解いても、解答時間や時間割を本番通りに設定して取り組むことは可能だと思います。しかし、すぐ隣の席に他の受験生がいる状況において、冷静に自分の実力を発揮できるかどうかは、自分一人ではわかりません。

早大・慶大オープンは、本番の入試を意識した出題形式となっているので、試験の緊張感のなかで実力を発揮する訓練ができました。また、受験生も早大・慶大をめざしているため、自分のレベルをより正確に知ることができ、具体的な対策の方向性を定めるきっかけにもなりました。

知識の定着には模試の復習が重要

早大・慶大オープンの受験後はさすがに疲れていましたが、通常の模試と同様にその日のうちに一通り復習しました。知らなかった知識は吸収し、間違えた問題はどこをどう間違えたかを復習しました。 そして、一週間後に同じ時間割ですべての問題を解き直しました。知識の定着のためにも、同じ問題をもう一度解いてみることは重要だと思います。

模試の反省を学習に活かす

模試受験の際に、英語の解答時間が足りなくなってしまったことが、強く印象に残っています。普段から長文を先に解くようにしていましたが、問題のレベルが高すぎて予想以上に時間がかかってしまい、簡単な語彙問題にほとんど手をつけずに終わってしまいました。

センター試験とは異なり、個別の大学・学部の試験は「長文から解き始めた方がよい」などと一概には言えないと感じました。受験後の学習において、問題を解く順番をより意識するようになりました。

※ 合格者が実際の試験で行った時間配分については『どう解く? 時間配分』に掲載しています。

最後に

早大・慶大オープンは、普通の模試と比較してハイレベルな内容ですが、自分の実力を知るうえでは最高の機会になると思います。なかなか納得できる結果を得られる模試ではありませんが、反省と今後の対策を考えるのには最適です。ぜひ受験してみて、そしてしっかり復習しましょう。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
全統模試案内(高校生・高卒生対象)
全国屈指の母集団を持つ、河合塾の全統模試
早大・慶大オープン
河合塾の早慶大対策模試(マーク・記述・論述式)

関連記事を読む

  • 全統記述模試・マーク模試の復習法理系文系

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の慶大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

慶大合格者の模試復習法 トップへ戻る

関連記事を読む

  • 全統記述模試・マーク模試の復習法理系文系

模試で見つけた弱点を克服しよう!

模試で見つけた弱点は、きちんと学習指針を立てて対策することが大切です。
河合塾の慶大対策の授業・講習などを活用して弱点を克服し、得点力をアップしましょう!

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学合格者の模試復習法 > 早大・慶大オープンの復習法 知識の定着には模試の復習が重要(総合政策学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.