HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方

夏期講習の効果的な受け方

講習を受けるメリット

夏は受験生にとって、志望大学合格を左右する非常に大切な時期です。
そして夏休みは、まとまった時間がとれる最後の機会です。夏期講習を有効に活用して、効率的・集中的に学習に取り組み、充実した夏を過ごしましょう。

高3生スケジュール

高3生スケジュール

短期間で効率的に学力アップ

高3生スケジュール
  • 90分授業で、「導入⇒講義⇒演習」と着実に理解が深まる!
  • 5日間だから、夏休み中の学校行事や部活動などのスケジュールにあわせて受講できる!
    ※ 時間・日数が異なる講座もあります。

「最適な授業の進め方」を熟知したプロ講師の指導が受けられる

最適な授業の進め方
  • 受講生の反応にあわせて、学習内容にメリハリをつけ、より深く、より詳しく指導。
  • 引き込まれる授業だから、教室全体の雰囲気がいい。だから、自分も真剣になれる。
  • 真剣に授業を聴くから、学習効果も高まる。
    ※ 一部、DVDを視聴する講座もあります。

講習生の特典

  • 1. 自習室が使える!
    ※ 自習室の利用は講習期間に限ります。
  • 2. 情報ステーションで全国の大学の情報が手に入る!
  • 3. 講師に疑問点をすぐに質問できる!
  • 4. チューター(進学アドバイザー)に進路の相談ができる!
  • 5. 2017年度高校グリーンコース・大学受験科の入学金半額免除!
    ※ すでに入学されている方には適用されません。
  • 6. 2017年度 冬期・直前講習の入学金全額免除!

夏期の効果的な過ごし方

苦手克服に講習を活用!

理工学部 K.Wさん

夏休みは多くの時間をまとめて使えますので、苦手な分野の克服ができる良い機会です。自分で苦手だと思う分野は、実際に点の取れない弱点分野だと思います。
その克服のためには、まず苦手意識を早く取り除くことが大切です。

ぜひ夏期講習を受けましょう。そして、それでも何か引っかかるところがあれば、講師のところに相談に行くとよいと思います。

また、理系の科目であれば、できる問題が多くなればなるほど自信につながりますので、1学期のテキストや、夏期講習のテキストの問題を解けるようにしましょう。
問題が解けるようになれば、時々見直す程度でそれ以上やる必要はありません。しかし、解けないのであれば、いくら簡単そうに見える問題であっても、理解してできるようになるまで時間をかけてでもやるべきです。

講習の受講で、毎日自習室を使えた!

文学部 N.Kさん

「夏休み中にやりたいこと」÷「夏休みの日数」で、1日ごとにすることを決めました。

夏期講習は1つのタームに詰め込みすぎないようにしました。多くても1タームに2コマまでにしました。そうすることで予習・復習も追いつきます。
また、すべてのタームにまんべんなく夏期講習を入れたことで、毎日のように朝から河合塾に行き、夜まで自習することができました。

<受講講座>

【英語】

【国語】

【世界史】

※講座名は現在のもと異なる場合があります。

おすすめ受講プラン

理工学部のおすすめ受講プラン

慶應義塾大学の入試問題には特有の傾向があります。文法・語いの知識とそれらを踏まえた読解力が要求される英語、十分な思考力に加え、計算力が求められる数学など、対応するには幅広い知識と高度な応用力が必要です。
「大学別対策講座」を中心に、すべての科目で高いレベルの学力習得をめざしましょう。

理工学部

ターム 3ターム 4ターム 5ターム
4限 早慶大
理工数学
  テーマ英文解釈
[発展]
5限 慶大英語 トップレベル
総合物理
トップレベル
総合化学
6限   物理(電磁気)
[発展]
 
  • ※「関東・甲信越」のおすすめ受講プランです。
  • ※時間割はイメージです。

文系のおすすめ受講プラン

慶應義塾大学の入試問題には特有の傾向があり、対応するには幅広い知識と高度な応用力が必要です。ほとんどの学部で小論文も課されます。試験科目が少ないため、1科目の失敗も許されません。得意科目でも油断は禁物です。
「大学別対策講座」「小論文講座」を中心に、すべての科目で高いレベルの学力習得をめざしましょう。

文系

ターム 2ターム 3ターム 4ターム 5ターム
3限       テーマ近現代
日本史講義
4限 慶大英語   慶大経済学部
小論文
 
5限   テーマ超長文
英語読解(私大)
[発展]
   
6限   早慶大日本史    
  • ※「関東・甲信越」のおすすめ受講プランです。
  • ※時間割はイメージです。

他エリアのおすすめ受講プラン

HOME > 受験対策 > 夏期講習の効果的な受け方
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.