HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学小論文対策 > 一番苦手だった慶應小論文の対策(法/文学部)

慶大小論文対策(法/文学部) 一番苦手だった慶應小論文の対策

K.J さん
K.J さん
法学部 法律学科
福岡県出身
2015年度 河合塾 新宿校 在籍 大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース
私は小論文がとても苦手でした。現役時代は小論文に不安を持ちながら受験をしたことを覚えています。成績開示をしてみると、やはり点数がほかの科目に比べて格段に低かったです。

どのように対策したか

そのため、河合塾に入ったときに「小論文が書けるようになって、点数を取れるようにしよう」と心に決めて、小論文対策を徹底的に行いました。
具体的には4月から小論文対策の授業を受けて、毎週一本は小論文を書いて授業で添削してもらいました。

授業では、2週間に一回は実際に授業内で小論文を書き、次の授業でその小論文の題材の解説がされました。そのため、授業内だけでは毎週一本の小論文を書くことができませんでした。
そこで私は、解説の日にもう一度同じ題材で小論文を書きました。その書き直した小論文は、再び授業の講師に添削してもらいました。

もしも授業の講師に二回目の添削を頼むことが難しい場合は、各校舎にいるフェロー(学習アドバイザー)※に見てもらうとよいと思います。

※地区によって制度が異なります。

秋以降は、週に一本ずつ過去問を解き、春と同じ要領でフェローに添削してもらいました。

復習の仕方

私は小論文を書いた後に復習を何よりもしっかりとしました。

復習の流れ

  • (1)添削してもらった小論文の評価をしっかり見て受け止め、コメントをじっくり読む
  • (2)授業での解説をしっかり聞く
  • (3)なぜそのような評価になってしまったのかを考える
  • (4)ほかの人が書いた優秀とされている小論文を読み込む
  • (5)書き直す
  • (6)小論文に出題された元の記事・本を読む、または調べる

復習ポイント

小論文が返却されたら、まずはじっくりと評価を読みましょう。
評価が低いからと、チラッと見て捨ててはいけません。評価を読んだら、授業で解説をしっかり聞き、「この小論文で何が問われていたのか」「どう書くべきだったのか」を学び取ります。

そして、その授業で学んだことと自分の解答を照らし合わせて、「自分の解答には何が足りなかったのか」「何がずれていたのか」「何が書けていたのか」を分析します。

そこから自分の思考のプロセスを分析し、「自分がある問題に対して、どういう解答をする傾向があるのか」を確認します。
これはいくつか問題を解かないと完全にデータとして集めて把握できませんが、その都度分析をするようにしてください。

そこから「高得点をとるために、どのような解答を書くべきなのか」を、ほかの人の解答や講師の解説をもとに考え、実際に書いてみます。そして、再び添削をしてもらいましょう。

失敗から学んだこと

私がした失敗のなかで、もっと早く気づけばよかったことは、小論文を書く際には「自分の意見を“自由に書くべきではない”」ということです。

“自由に述べよ”と書いてありますが、小論文では「相手が書いてほしいと思っていることを、相手の意図をくみとって予想する」ことが大切です。
最初は少し抵抗があるかもしれませんがやってみてください。必ず点数が上がると思います。

どのように知識を得たか

教養は新聞と実際に解いた小論文の原本を読んで身につけました。

新聞は毎朝の日課として社説を読み、余裕があればその他の記事をすべて読みました。
原文は本が短ければ本を読みましたが、長すぎる場合は同じ話が書いてある記事などを読みました。

本はマストではありませんが、新聞は毎日絶対に目を通すようにしましょう。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学小論文対策 > 一番苦手だった慶應小論文の対策(法/文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.