HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学小論文対策 > 講習を活用して効率的に小論文対策(経済学部)

慶大小論文対策(経済学部) 講習を活用して効率的に小論文対策

N.I さん
N.I さん
経済学部
神奈川県 桐光学園高校 出身
2017年度 河合塾 町田校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

私は小論文という科目について、現役時代から苦手意識を持っていました。なぜなら文章を書くことが得意ではなかったので、不得意科目と思い込んでいたからです。しかし、そのような私でも最終的に克服できましたので、どのように対策したのかご紹介します。

小論文対策の年間の流れ

「早慶大に行きたい」と思って入試形態について調べた高2の冬頃に、慶應義塾大学経済学部の受験科目に小論文があることを知りました。この頃は苦手意識からあまり対策をしていませんでした。

そのため、河合塾の大学受験科に通うようになった4月から小論文対策を始めました。通年で週に2コマ授業を受けました。1学期(基礎シリーズ)から夏休み中は、授業テキストの復習や知識の整理に重きを置いて勉強を進めました。
また、夏期講習の『慶大経済学部小論文』と冬期・直前講習の『慶大経済学部小論文』を受講しました。

秋頃から12月までは、週に1回1年分の過去問の題材で小論文を書き、フェロー(学習アドバイザー)に添削をしてもらいました。

講習で効率的に合格に必要な知識を得よう!

小論文入試のための知識本などが販売されていますが、私はそのような参考書は一切使用しませんでした。なぜなら参考書を使って独学で勉強をしようとすると、どうしても自己流になってしまうからです。小論文対策は河合塾の講習を取り、復習することが合格への一番の近道であると考えます。

夏期講習の『慶大経済学部小論文』と冬期・直前講習の『慶大経済学部小論文』を受講しましたが、これらの講座を取って本当によかったと思います。夏は入試問題に初めて触れて勉強法の指針を立てる、冬は完成させるという目的で選んだので、勉強がスムーズに進みました。

夏休みに受講した『慶大経済学部小論文』では、基本的な小論文の書き方だけでなく、入試問題の形態をつかむことができました。実際に書いて添削してもらえたので、自分の現状の実力も把握できました。

また、入試攻略のための正しい勉強法を教えてもらえましたし、さらにプラスアルファの慶應義塾大学経済学部の小論文入試知識をまとめたプリントがもらえました。
このプリントは入試直前まで何度も読み返すことにより、「慶應義塾大学がどのような意図で、どのような解答を求めているのか」を知ることができたので重宝しました。このように、講座の復習をすることで合格に必要な知識がつきました。

添削指導で実力を伸ばす

小論文を書いたら必ずフェロー(学習アドバイザー)に添削してもらい、自分の答案に何が欠けていて、どう改善したらよいのかを明確にしました。
フェローは書き方から予備知識まで教えてくれましたし、「どうしたらよいのか」を質問形式で生徒に尋ねるので、受け身な勉強になることはありませんでした。

何回も利用しているうちに、おのずと書き方や知識などが身につきました。小論文は参考書に頼るよりも、そういった積極的で地道な努力がモノをいうと思いました。
現役生の方は高校の先生にお願いするなど、添削していただくとよいと思います。

高1・2生へのメッセージ

高1・高2のうちは日ごろからニュースに目を通し、世の中で何が起きているのかに注目して知識を蓄えておくことをおすすめします。教養を深めておくと、高3に入って受験勉強をする際に、小論文対策にあまり時間を割かずに済むと思います。

最後に

小論文対策をすることで、「課題文を読み取り、自分の考えを文章でまとめる力」が養われます。この力は受験だけでなく、大学進学後にも必ず役に立つと思います。また、小論文対策だけではなく、自身の知見を広げるためにも社会情勢の知識は必要だと思います。頑張ってください。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース
HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学小論文対策 > 講習を活用して効率的に小論文対策(経済学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.