HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦! > 計画倒れにならない学習計画とは(商学部)

夏休み攻略大作戦!(文系・商学部) 計画倒れにならない学習計画とは

A.Y さん
商学部
長崎県立佐世保南高校 出身
2014年度 河合塾 福岡校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

夏休みの過ごし方

夏休みの勉強についてですが、まず、基礎の確立や苦手科目の克服について述べたいと思います。

基礎の確立と苦手科目の克服

基礎の確立については、基礎シリーズ(1学期)で使用したテキストを5回は繰り返しました。基礎シリーズは本当に基礎の基礎が詰め込まれていますので、夏休みにしっかりその復習をして、基礎を固めましょう。

苦手科目については、集中的にその分野を勉強するというよりは、やや重きを置くぐらいの気持ちで勉強したほうがよいです。あまり集中的にやると他に波及します。バランスのとれた学習をめざしましょう。

計画倒れについて

夏休みといえば、計画倒れで終わることも多いはずです。僕もそのような苦い経験があります。やりたいことを詰め込みすぎて消化不良になったりしました。なるべく無理に詰め込まないほうがよいと思います。

重きを置いた教科

私がやや重きを置いた教科は、やはり英語です。夏は受験の天王山と言いますが、これは本当に大事な教科です。
英文解釈のテキストや英文法のテキストを繰り返し復習していました。繰り返し勉強することが本当に大切な教科です。このような勉強を繰り返しているうちに、夏休み前には伸び悩んでいた英語力がつき、過去問も徐々に解けるようになっていきました。
また、模試でも安定した成績が取れるようになっていました。集中的にやるというよりは、若干重きを置くぐらいのスタンスで英語に取り組むとよいと思います。

講習と模試の活用法

講習は自分の力に合わせて選択しましょう。苦手な教科を背伸びして大学別対策などに手を出しても、正直に言って意味はありません。まずは自分のレベルに合った講座を受講したほうがよいです。
また、講座の取りすぎには注意です。お金のこともありますし、自学した方がよい場合もあります。

模試は夏休み明けにあります。それは、確実に受験してください。夏休みの勉強の成果が問われます。そこまでを一つの目標にして頑張ってください。

オープンキャンパスへの参加

最後に、夏休みにやっておくべきことについて述べます。
夏休みにはオープンキャンパスがあります。オープンキャンパスは、勉強のモチベーションを上げるために、一番手っ取り早い方法です。僕も2回行きましたが、大学の雰囲気を感じると「勉強して、この大学に入りたい」という気持ちになれます。
また、夏休みにはさまざまなイベントもありますので、息抜き程度に軽く遊んでもよいと、私は思います。人生で一番充実した夏休みを過ごしてほしいです。

夏期講習で受講した講座一覧

【英語】

【国語】

【日本史】

夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

夏休みの計画を立てるときに一番大事なことは、無理なことは書かないということです。
夏休みに「ものすごく勉強したい」という気持ちは分かります。しかし、無理をしたらパンクするに決まっています。それよりも適度に実行可能な計画を立てることを心がけるべきです。

ほかには、夏休みのイベントも盛り込んだ方がよいと思います。僕の場合は、オープンキャンパスというとても真面目なイベントを入れていました。勉強するモチベーションになることは間違いないと思います。

また、夏休みは基礎シリーズ(1学期)の復習をした方がよいので、ぜひ「何周目」などのように、復習の詳細も計画表に記入すべきでしょう。計画表を埋めることは意外に楽しいです。充実した計画を立てましょう。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表模試
  • ※サクセスクリニック:学力診断テスト
  • ※タームとは、河合塾における講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※夏期講習の日程は、2014年度のものです。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習

  • ※学習時間は、授業を受けている時間を除きます。
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

夏休み攻略大作戦! トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦! > 計画倒れにならない学習計画とは(商学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.