HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦! > 夏休みの学習計画でやるべきこと(経済学部)

夏休み攻略大作戦!(文系・法学部) 夏休みの学習計画でやるべきこと

D.S さん
D.S さん
経済学部
神奈川県出身
2015年度 河合塾 自由が丘現役館 在籍グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

夏休みの過ごし方

夏休みは、まとまった学習時間が取れる最後のチャンスです。自由に使える時間が圧倒的に長いので、最大限に活用しましょう。

とにかく量を積む

まず私が一番に言いたいことは、とにかく量を積むということです。最低でも1日10時間以上は勉強することをおすすめします。「夏休みに徹底的に勉強した」という事実が、秋以降の大きな精神的支柱になります。

実際に、私は夏休みが終わってしばらくすると、「以前解けていた問題が解けなくなる」といったスランプに陥りました。入試が近づいているという実感が強くなっていたので、とても焦りました。

そんなときに、「夏休みにあれだけやったんだから、必ず成績は伸びる」というふうに考えることができ、気持ちを立て直すことができました。もし夏休みに勉強をサボっていたら、気持ちの焦りが一層深刻になって勉強が手につかなかったと思います。

逆算して学習計画を立てる

しかし、ただ闇雲に机に向かって手を動かしていればいい、というわけではありません。

まず始めに、夏休みを通して達成したい目標を立て、そこから逆算して勉強の計画をしっかりと立てましょう。
「計画を立てることができたかどうかで、合否が分かれる」と言っても過言ではありません。計画があれば、あとはそれに従ってひたすら勉強に集中できます。

また、計画を立てるときには予備日を設けるなどして多少の余裕を持たせた方がよいと思います。仮にキツキツに計画を立ててしまうと、少しずれただけで計画が頓挫してしまいます。

1日だけ勉強をせずに全力で遊ぶ日をつくってもよいしょう。私もそうしていましたが、たまにはメリハリをしっかりつけて気休めも必要です。

苦手科目を克服する

夏休みは苦手科目を克服する最後のチャンスです。徹底的に苦手科目と向き合ってください。

ここで私の失敗談を話しますと、苦手だった古文から逃げ続け、得意だった英語に時間を割いていました。もちろん英語の力は伸びたのですが、手をあまりつけなった古文は11月時点でセンター試験の過去問が50点満点で20点も取れない悲惨な有様でした。

早稲田大学やその他の私立大学も受験するつもりでしたので、本当に焦りました。そこから2カ月でなんとか40点をコンスタントに取れるようにしましたが、それまでは精神的にかなり辛かったです。

こんなことになるのなら、夏休みにしっかり手をつけておくべきだったと本気で思いました。皆さんは私と同じ失敗をしないように気をつけてください。

夏期講習で受講した講座一覧

【英語】

【国語】

【日本史】

【小論文】

夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

まずは、夏休み終了後に達成したい目標を定めましょう。
そこから逆算して、「一週間あたりどれくらいやればよいのか」、「一日あたりどれくらいやればよいのか」と、日々のノルマを決めることが重要です。

また、計画を立てる際には、1週間か2週間に1日の予備日を設け、復習や予定がずれ込んだときに立て直せるような柔軟性を持たせることも不可欠です。

教材に関しては、手を出すものの種類を絞って、一つあたりのやり込み度を重視すべきです。とにかくやると決めたものを何周もやり込んでください。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表模試
  • ※タームとは、河合塾における講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※夏期講習の日程は、2015年度のものです。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習

  • ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

夏休み攻略大作戦! トップへ戻る
HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦! > 夏休みの学習計画でやるべきこと(経済学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.