HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 過去問演習につなげる夏の学習(総合政策学部)

夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方−
(文系・総合政策学部)
過去問演習につなげる夏の学習

E.A さん
E.A さん
総合政策学部
東京都 出身
2016年度 河合塾 秋葉原館 在籍 高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
河合塾の夏期講習(高校生・高卒生対象)
河合塾の夏期講習で学力を伸ばそう!

夏休みの過ごし方

2学期から自信を持って私立大学の過去問に取り組めるよう、夏休み中に不安要素をなくしておくことが大切です。苦手科目と得意科目についての私なりの勉強法をお話しします。参考にしてみてください。

苦手な国語の対策は小論文にも生きる

苦手科目の克服には、毎日続けられる方法を選ぶことが大切です。
私の場合は国語が苦手でしたので、センター対策も兼ねてセンター試験の過去問を1日に1年分取り組むことにしました。1日1年分であれば無理なく取り組めますし、バランス良く国語全体(現代文・古文・漢文)のレベルを引き上げることができると考えたからです。

80分で大問4つに取り組んで採点して解説を読み、丁寧に直していきます。一連の勉強に3時間かかる日もありましたが、着実に読み解く力をつけることができました。毎日、大問の1つである評論文を読み解くことは、慶應義塾大学の小論文にも生かすことができました。

得意な英語に力を入れた

苦手な国語を克服すると同時に、得意な英語で他の受験生と差をつけることも考えていたので特に力を入れて勉強しました。その方法は徹底した復習と夏期講習の活用です。

英語の復習

高校2年生のときに1度でも取り組んだことのある問題については、高校3年生の夏休み中にすべて復習しました。特に長文に力を入れ、最低でも5回は読んで、問題を解き直しました。これを繰り返すことで、設問を作成した人の意図まで考える余裕ができました。

河合塾の講習を活用

私は河合塾の『EX英語GLOBAL ENGLISH』という講座を受講していました。この講座の良い点は、ハイレベルな英語の長文を2時間かけて解説してくれることです。予習・復習をしっかりする必要がありますが、その分、しっかり理解することができて大きく成長しました。

『EX英語』は成績によって受講制限がありますので、必然的に周囲の生徒のレベルも高くなります。ハイレベルな環境に身を置くことは、能力を伸ばす近道です。ぜひ挑戦してみてください。

これらの学習の成果で、結果としてセンター試験本番では文法を1問落としただけでした。

夏期講習で受講した講座一覧

【英語】

【国語】

最後に

夏休みは高校の授業がないため生活リズムが崩れやすい面もありますが、それを克服できれば科目別に自分の学力に応じた対策をする自由な時間が増えます。その時間を大いに有効活用し、合格に必要な力を十分養成してください。

夏休みの学習計画

計画を立てるときのポイント

9月以降は私立大学の一般入試の過去問をたくさん解きたかったため、夏休み中に苦手科目の克服とセンター試験対策をしました。もともと国語が苦手で、その克服とセンター試験対策を兼ねて、センター試験の国語の過去問を25年分取り組みました。
また、得意科目の英語をさらに伸ばすため、夏休み以前に取り組んだ長文のテキストを何度も読み直し、問題も解き直しました。

反省点としては、自分の苦手分野と取り組まなければならない内容は自覚していましたが、それらにどのくらいの時間を割くのかを考えていませんでした。そのため、その日によって勉強時間が変わってしまい、規則正しい生活ができませんでした。学習計画を立てるときには、1日の学習時間もしっかりと考えておきましょう。

学習計画表

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表模試
  • ※ タームとは、河合塾における講座の設置期間を意味します。基本的に5日間で1タームとなります。
  • ※ 夏期講習の日程は、2016年度のものです。

1日のスケジュール

  • 学習計画表授業・講習
  • 学習計画表自習

  • ※授業名は、今年度のものと異なる場合があります。
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
河合塾の夏期講習(高校生・高卒生対象)
河合塾の夏期講習で学力を伸ばそう!

関連記事を読む

夏休み攻略大作戦! トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 夏休み攻略大作戦!−夏休みの過ごし方− > 過去問演習につなげる夏の学習(総合政策学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.