HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > 慶大入試 しっかり見直し7割の得点をめざす(看護医療学部)

どう解く? 時間配分(理系・看護医療学部) 慶大入試
しっかり見直し7割の得点をめざす

M.N さん
M.N さん
看護医療学部
東京都 出身
2017年度 河合塾 吉祥寺現役館 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

英語

  • 目標点 210点/300点満点

タイムスケジュール

ポイント

英語は得意科目なので、7割以上の点数が取れるように時間配分を考えて解きました。

慶應義塾大学看護医療学部の英語の問題は、他の学部と比べて易しめです。最初の大問I・IIの文法問題や語彙問題は点数の稼ぎどころなので、きちんと基礎的な知識を身につけて全問正解をめざしていました。しかし、そこに時間はかけられないのでスピードも重視して、解き進めました。

大問III~Vのセンテンスやパラグラフの問題は苦手だったため、少し慎重に解いてその場で一度見直しをして、間違っていないか一問ずつ確認しました。また、解答方法が独特で間違えやすいため、答えを書き間違えていないかの確認も怠らずに行いました。

大問VIは比較的解きやすい長文問題なので、そのあとの大問VIIの英作文に少しでも多くの時間を残すために早めに解き進めました。記述問題も出ますが、内容がそこまで難しいわけではないため、落ち着いて解きました。

大問VIIの英作文は15分以内に書き終わることを心がけ、見直しの時間を必ず設けました。英作文ではスペルミス、時制ミスなど基本的なところにミスがないかしっかり見直しをしました。
英作文に自分がどのくらい時間が必要なのかをきちんと把握し、そこから逆算して時間配分を考えるのが一番良いと思います。

数学

  • 目標点 140点/200点満点

タイムスケジュール

ポイント

数学の問題は比較的、基本的なことが問われています。

大問I・IIは小問集合形式なので、わからない問題があったら悩まずに飛ばして、できる問題から解き進めました。計算スペースがあまり多くないので、小さいスペースでも計算ミスがないように丁寧に計算することを心がけました。

大問III・IVは問題集に載っているような典型的な問題なので、解法を身につけておけばスラスラ解けると思います。大問Vはグラフを書かせる問題が頻出です。

記述式の解答では、解き終わった後に答えの正誤の確認だけではなく、採点者に自分の言いたいことが伝わっているかを確認することを徹底しました。
最後には見直しの時間を必ず設けました。解ける問題で安定した点を取るために、スピード重視ではなく丁寧さ重視で7割近く得点できるような時間配分です。

小論文

タイムスケジュール

ポイント

問題1は基本的な要約問題であるため、課題文を読む前に設問を確認し、どの部分が使えそうか、どのようにまとめようかというのを考えながら課題文を一読しました。

問題1でまとめたことは問題2を解答するためのヒントにもなっているため、問題2の設問を読んだ後に、問題1の自分の解答を一度読むことで問題2の解答の方針を立てました。

問題用紙には下書き用のマス目がつけられていましたが、私の場合は下書きをして時間が足りなくなるのが怖かったため、下書きをせずに解答しました。その分、文章のねじれや送り仮名の間違いがないかを注意して書き進めました。

時間に余裕を持つことができましたが書き直すには時間が足りないので、漢字のミスや課題文の表現を写し間違えていないかを確認しました。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

どう解く?時間配分 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > 慶大入試 しっかり見直し7割の得点をめざす(看護医療学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.