HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > センター試験 得意→苦手問題で時間に余裕を!(文学部)

どう解く? 時間配分(文系・文学部) センター試験
得意→苦手問題で時間に余裕を!

Y.A さん
文学部
東京都 巣鴨高校 出身
2014年度 河合塾 新宿校 在籍大学受験科
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

マークシートの注意点

マークを塗るタイミングは、マークのずれや、時間がなくて塗れなかったり、塗りそびれてしまうことが怖かったので、1問解くごとに塗っていました。

見直しは、「細かいことが気になって見直しに時間がかかり、問題を解き切ることができない」という事態に陥ることが怖かったので、残った時間で行っていました。

記入ずれのチェックは、いくつかの離れた小問をピックアップして、解答用紙にマークされた解答と、問題用紙にメモした解答が一致しているかを確認していました。そうすれば、その間の問題において記入ずれの可能性が低くなります。

もちろん、時間があれば問題用紙と解答用紙を照らし合わせながら、1問1問を見ていけば確実です。そのくらいの余裕を持つことができると、高得点が期待できるでしょう。

センター英語

タイムスケジュール

ポイント

センター英語は大問1から順番に解いていました。初めの方に、自分にとっての得点源である文法問題が集中していて、解きやすかったことが一番の理由です。初めに解きやすい問題を片付けておいたので、時間のかかる比較的苦手な問題に余裕を持って臨むことができました。

大問5や大問6は、段落と小問の問題番号が対応していることが多いです。時間に余裕を持って落ち着いて解けば、失点する可能性をグッと減らせるでしょう。

センター国語

タイムスケジュール

ポイント

センター国語は大問4、大問3、大問1、大問2という順番で解いていました。

大問4の漢文は知識問題に近くて解きやすいので、10分から15分以内に終わらせる必要があると思います。

大問3の古文は解釈が難しい場合も少なくありませんが、知識で解ける問題も多く、ここは20分くらいで片づけたいところです。

大問1の評論は古文・漢文に比べて時間がかかりますが、慣れてくれば選択肢を切ることもさほど難しくはありません。文章の量が多いので時間に余裕を持てるとよいでしょう。

大問2の小説は、解釈が難しいです。近年の傾向を見ると、より難しくなっていると思われますので、一番時間が必要だと思います。

センター日本史

タイムスケジュール

ポイント

センター日本史は、大問1から順に解いていました。私は日本史が得意科目でしたので、大問ごとの難易度や自分にとっての点の取りやすさに、大きな差を感じなかったからです。見直す時間も多く取れました。

絵や図を見て解く問題もありますが、ウェイトがそこまで大きいわけではないので、時間配分に影響することはあまり考えなくてもよいと思います。

大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

どう解く?時間配分 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > センター試験 得意→苦手問題で時間に余裕を!(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.