HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > センター試験 見直しは必須! 単純ミスを防ごう(法学部)

どう解く? 時間配分(文系・法学部) センター試験
見直しは必須! 単純ミスを防ごう

N.I さん
N.I さん
法学部政治学科
東京都立西高校 出身
2018年度 河合塾 吉祥寺現役館 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

マークシートの注意点

私は大問1問分をまとめてマークするようにしていました。最初にマークするときに番号の確認をあわせて行い、記入ずれを防ぎました。

見直しはすべての問題を解き終わった後に行い、時間に余裕があれば繰り返しやりました。どんなに自信があるときでも、どこかでミスをしていることが私は多かったので、必ずやりました。

残り時間がわずかなときでも、記入ずれやマーク忘れの有無の確認だけでもよいので見直しましょう。

センター英語

  • 目標点 195点/200点満点

タイムスケジュール

ポイント

短時間で解ききることができる知識問題の発音・アクセント・文法問題から手をつけ、時間がかかる文章読解問題へと進みました。大問1~3は合計で25分、大問3~6は各15分に設定し、見直しの時間を10分くらい取れるようにしました。

見直しは一問一問の吟味よりも、マークミスがないかどうかの確認や解くときに迷った問題の確認を優先し、単純なミスによる失点を防ぎましょう。

センター国語

  • 目標点 170点/200点満点

タイムスケジュール

ポイント

国語は漢文・古文の問題では知識が重要となる一方、現代文は論理や心情を慎重に検討する必要があり、現代文の方が時間がかかる傾向があります。
現代文で時間を使いすぎて古典にあてる時間がない、ということを防ぐために、また直前に詰め込んだ知識を忘れないうちに解答するためにも、漢文・古文を優先しました。

また、各大問で時間を均等に配分してしまうと、文章が難解で分量の大きな現代文で時間が不足します。知識が重要となり文章も短い漢文は、15~18分以内に解ききることをめざしました。古文と現代文は、各20分を目安にしました。

国語の時間は余りにくいですが、最後にマークミスの有無だけでも確認できるとよいでしょう。

センター社会

  • 目標点 100点/100点満点

タイムスケジュール

ポイント

元は国立大志望でしたので、地理と世界史の2科目を受験しました。どちらも得意教科であり、順番通りに解きました。40分くらいで解けたので、残りの20分は見直しの時間にしました。

私は社会科は最も余裕を持って解ける教科だと思います。1問1分半のペースでも十分解ききれるので、センター試験初日の最初の科目であることも考慮し、急がず冷静に解くことを勧めます。

余った時間には、記入ずれなどがないか十分見直しをしましょう。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

どう解く?時間配分 トップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > どう解く?時間配分 > センター試験 見直しは必須! 単純ミスを防ごう(法学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.