HOME > 受験対策 > 慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE3 高3で慌てないための勉強習慣

慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと CASE3
高3で慌てないための勉強習慣

看護医療学部 M.Nさん

定期テストの勉強はチャンス

高1・2生の多くの方は、まだ受験というものをさほど意識していないと思います。しかし、今のうちから自分がどのように勉強すれば効率よくテストで点数が取れるのかをいろいろ試しておけば、高3生になったときには勉強法がある程度確立しているので受験勉強がスタートしやすいです。

高校の定期テストは自分に合った勉強法を見つけられるチャンスです。私は暗記法や1日のどの時間帯が一番集中できるのか、最大でもつ集中力はどのくらいなのかなどを自己分析し、高3生になったときの勉強に役立てました。

英単語は毎日5分でも続ける

英語の勉強の一番基礎でありかつ重要なことは英単語です。しかし、単語は1日や2日ちょっとやったくらいでは身につきませんので、何度も繰り返し勉強する必要があります。そのため、1日に5~10分の短い時間でも単語帳をペラペラめくり学習すると、毎日続けていれば大きな力になります。

単語の暗記の仕方は人それぞれだと思いますが、自分に合った方法で高1・2生のときから学習できていれば、高3生になったときに単語で慌てなくて済みます。

新聞を読む習慣をつける

慶應義塾大学を受験しようとすると、ほとんどの学部で小論文の試験が課されると思います。しかし、小論文の勉強とは具体的に何なのか、私自身も受験生になって習うまでよく知りませんでした。

勉強を始めて気がついたことは、小論文を書くときには文章力(国語力)と漢字・語彙力が必要であるということです。これらのスキルをすぐに身につけることは難しいです。
ですから、高1・2生のうちから新聞を読む習慣をつけていればよかったと思います。新聞を全部読む必要はないと思いますが、自分の気になった記事を1日に1つ読むだけでも文章力(国語力)と漢字・語彙力は着実についていきますし、同時に多くの知識を得られるので小論文を書くときのテーマにもなります。

部活動をやるなら全力で打ち込む

部活動に参加している高1・2生はとても忙しく、でも充実した日々を送っていると思います。受験生になれば思いっきり何かに打ち込んだり参加したりすることは難しくなります。今のうちに好きなことに打ち込んで、悔いなく受験生になれるようにしましょう。私は高2で部活をやり切ったなと思えたので、スムーズに受験勉強に移行することができました。

また、時間がないことを意識すれば、普段の授業を大切にするようになりますし、集中することや時間を効率的に使う工夫を身につけることができます。これらも受験勉強を本格的に始めるときに役立ちました。

慶應義塾大学に現役合格するためには、効率の良い学習の積み重ねが重要!

河合塾の高校グリーンコースは、週1回1講座から科目別に受講できるので、部活や学校行事と両立できます。
志望大学や目的、学力にあわせた豊富な講座ラインアップ。対面授業で着実に学力が身につきます。

慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきことトップへ戻る

慶應義塾大学に現役合格するためには、効率の良い学習の積み重ねが重要!

河合塾の高校グリーンコースは、週1回1講座から科目別に受講できるので、部活や学校行事と両立できます。
志望大学や目的、学力にあわせた豊富な講座ラインアップ。対面授業で着実に学力が身につきます。

HOME > 受験対策 > 慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE3 高3で慌てないための勉強習慣
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.