HOME > 保護者の方へ > 知っておきたいマネー講座 ―慶應義塾大学の受験費用・入学金・授業料(学費)―

保護者の方へ 知っておきたいマネー講座

受験で気になることの一つにお金の問題があります。教育費、とくに大学進学にかかる費用は家計にとっても大きな負担となります。大学受験・入学までの費用について、実際にどのくらい必要になるのか見ていきましょう。

大学受験にかかるお金

出願するだけでも12万円!

受験にかかる費用として、受験料、交通費、宿泊費などが挙げられます。
このうち受験料は、センター試験が1万8000円(3教科以上受験の場合/2教科以下は1万2000円)、国公立大二次試験が1万7000円、私立大一般型で約3万5000円となっています【表1】。
国公立大2校(前・後期)と私立大2校へ出願すると、受験料だけで約12万円が必要となります。

学費の準備はしていても、受験料まではなかなか気が回らないものですが、出願するだけでもこれだけの出費になるのです。

【表1】大学の受験料(2016年度)

試験受験料備考
センター試験
(3教科以上受験)
18,000円 ※1
センター試験
(2教科以下受験)
12,000円 ※1
国公立大
二次試験
17,000円 ※2
私立大
(一般型)
30,000~
35,000円
※2
私立大
(医学部)
50,000~
60,000円
※2
私立大
(センター利用型)
10,000~
20,000円
※2
私立大
(センター利用型 医学部)
30,000~
45,000円
※2
  • ※1 成績開示を希望する場合は800円上乗せ
  • ※2 公立大・私立大は平均的な金額

遠方での受験には交通費や宿泊費の準備を

遠方の大学を受験する場合には、このほかに交通費や宿泊費が必要になります。次の数字は大学受験に要した費用(受験料・交通費・宿泊費)の平均総額です。

自宅通学......22万9000円
自宅外通学...25万2600円
文科系.........25万8000円
理工系.........21万2700円
医科歯科系...37万5200円
その他.........14万8200円
(2014年度/東京私大教連調べ)

交通費・宿泊費は受験する大学の所在地や受験校数によって変わってきます。遠方の大学を受験すると交通費も相当な額となり、試験日によっては何回も受験旅行をくり返す、ホテルなどに長期滞在するといったケースもでてきます。

無駄な出費をおさえるためにも、往復割引・学生割引・新幹線回数券、受験生割引や早期購入割引など、各種交通機関が設けている、さまざまな割引制度を活用するとよいでしょう。

宿泊については、各旅行会社が受験に便利な宿泊施設をセレクトした「受験生の宿」などのパック商品を販売しています。料金は首都圏で1泊朝食付8000円~1万8000円程度(ホテルのシングルルーム朝食付利用)が中心です。

施設や設備はさまざまですが、試験会場までの送迎や試験当日の弁当の手配、勉強用電気スタンドの貸出しなど、受験生のためのサービスが充実しており、慣れない土地での受験には便利です。

また、本学会場のほかに全国各地に試験会場を設けている大学が多くあります。わざわざ遠方へ出かけることがない分、費用はもちろん、受験生の時間的・体力的な負担も軽減できます。

【表2】では受験にかかる費用をシミュレーションしてみました。ここでは私立大はセンター利用入試や地方試験を活用することで出費をおさえています。志望校の入試制度をよく調べ、無駄のない受験を心がけたいものです。

【表2】大学受験にかかる費用(受験料・交通費・宿泊費)

  • 名古屋在住 国公立大2校・私立大5校に出願したA君の場合

<日程・出願大学・試験会場>

日程大学試験会場
東京農業大
(応用生物科学-生物応用化学 センター型前期3科目)
近畿大
(農-応用生命化学 センター型前期C)
2/2 名城大
(農-応用生物化学 A方式)
名古屋
2/3 立命館大
(生命科学-応用化学 全学統一理系)
名古屋
2/15 明治大
(農-農 一般選抜)
東京
2/25 岐阜大
(応用生物科学-応用生命科学)
岐阜
  • ※ 東京農業大・近畿大はセンター利用型で受験
  • ※ 立命館大は地方試験会場(名古屋)で受験
  • ※ 国公立大後期は前期日程合格のため未受験 と仮定

<受験費用>

募集要項代(私立大のみ) 約1,000円×1校= 1,000円
受験料 センター試験(3教科以上) 18,000円
国公立大二次受験 17,000円×2校= 34,000円
私立大受験 15,000円×1校= 15,000円
20,000円×1校= 20,000円
35,000円×3校= 105,000円
交通費 名古屋-東京(1往復)
(新幹線のぞみ 指定席利用 学割運賃適用)
19,460円×1回= 19,460円
宿泊費 東京1泊
(ビジネスホテル利用 朝夕2食付き)
15,000円×1回= 15,000円
その他 文具、昼食代、大学までの交通費などの雑費 10,000円
合 計 237,460円

※募集要項代はテレメールで請求した場合

入学時にかかるお金

入学手続き まず必要なのは入学金相当額

大学に合格して次に必要となるのが「初年度納付金」です。合格しても指定期日までに納めなければ入学は認められません。初年度納付金の内訳は入学金・授業料・施設設備費・実験実習費・諸会費などですが、このうち入学手続き時に納入するのは入学金と前期分の学費というのが一般的です。

多くの私立大では、他大学と併願している受験生のために、入学手続きを2段階に分けています。その場合、1次手続きで入学金相当額を「入学申込金」として納入し、2次手続きで残額を納入するというパターンが多いようです。

もしこれらの入学手続きをすべて済ませた後で入学を辞退したくなった場合、納付金(授業料等)返還については、「3月31日までに入学を辞退すれば、入学金を除く学納金を返還する」としている大学が一般的です。ただし、大学ごとに対応は異なるので、各大学の募集要項をしっかりと確認しておきましょう。

併願校同士の手続き期間の確認も忘れずに

大学への納付金についてもう一つ気にかけておきたいのは入学手続きの日程です。試験日程の関係で必ずしも第1志望校の合格発表が最初になるとは限りません。第1志望校の合格発表前に、志望順位の低い大学の合格が決まり、入学申込金を納めなければならない事態が往々にして発生します。

できればムダの出ないよう併願する受験校を考えたいものです。そのためにも、受験大学の合格発表・入学手続きの日程をしっかりと確認し、入学申込金の支払いも一回で済むような受験プランを組むようにしましょう。

気になる初年度納付金

それでは、実際に初年度納付金はどれくらいの金額になるのかを見ていきましょう。

国立大の場合、初年度納付金の標準額は81万7800円となっています。内訳は入学金が28万2000円、授業料が53万5800円です。

一方、私立大の初年度納付金総額の平均は約144万円(2014年度文科省調べ)。国立大の約1.8倍です。ただし、私立大の場合は学部・系統により金額に開きがあります【表3・4】。

文系は実験や実習が比較的少なく、施設・設備費がかからないため安く、理系は高度な実験・実習を行うために学費は高くなっています。
さらに細かくみると、文系でも情報系や心理学系などは他学科に比べ高めに設定されていることが多いようです。

初年度納付金は、以前は高くなる一方でしたが、ここ数年はほぼ横ばいとなっています。ただし、スライド制(消費者物価指数などに応じて額が変動)を採用する大学も多く、在学中に授業料が変動する可能性もあります。子どもの大学進学にあたっては、卒業までを見越してしっかりした資金計画を立てる必要があります。

【表3】慶應義塾大学の初年度納付金

学部
(学科)
授業料 入学金 設備費・
実習費・
諸会費等
初年度
納入額
840,000 200,000 253,350 1,293,350
840,000 200,000 263,350 1,303,350
総合政策
環境情報
990,000 200,000 341,350 1,531,350
経済 840,000 200,000 258,350 1,298,350
840,000 200,000 259,850 1,299,850
理工 1,220,000 200,000 373,350 1,793,350
3,000,000 200,000 593,350 3,793,350
薬(薬) 1,620,000 200,000 543,350 2,363,350
薬(薬科学) 1,360,000 200,000 543,350 2,103,350
看護医療 990,000 200,000 605,850 1,795,850

(円)

【表4】初年度納付金の平均額

授業料 入学金 施設
設備費
実験
実習料
その他 総計
国立大
(昼間部)
535,800 282,000 817,800
公立大
(昼間部)
537,857 397,721 935,578
私立大
(全平均)
864,384 261,089 186,171 34,914 88,438 1,434,996
文・
教育
759,154 246,294 170,990 12,395 77,174 1,266,007
法・商・
経済
738,020 241,519 146,821 8,561 63,888 1,198,809
理・工 1,007,298 249,251 169,615 68,806 68,637 1,563,607
農・
獣医
901,589 253,383 204,227 112,528 84,522 1,556,249
医・歯 2,737,037 1,038,128 831,722 190,543 1,488,717 6,286,147
1,412,252 349,116 302,668 32,647 72,468 2,169,150
芸術 1,112,788 260,300 278,171 42,231 83,389 1,776,880

(円)

  • ※ 国立大の数値は標準額(なお2部(夜間部)は授業料・入学料とも昼間部の半額)
  • ※ 公立大・私立大の数値は文部科学省調べ(公立大は2015年度、私立大は2014年度)
  • ※ 公立大の入学料は他地域からの入学者の平均額
  • ※ 医学部保健学科は「医・歯」系に含めない

入学時の住宅関連費用

自宅外通学の場合、このほかに住宅関連費用(家賃・敷金礼金・生活用品費等)が必要となります。
下宿生の住まいは地域によって、その家賃や設備に差がありますが、マンションまたはアパートで8畳程度の洋室/バス・キッチン付きといったものが一般的です。

合格発表から入学までの限られた時間に加え、慣れない土地での住まい探しとなると、満足できる住まいを確保するのはなかなか難しいのが実状のようです。子どもを恵まれた住環境で生活させたいのは当然のことですが、設備のよいところは家賃もそれなりにかかります。

家賃の額はその後の仕送り額にも大きく影響しますので、家庭の経済事情を踏まえ、親子ともども納得できる物件かどうかよく相談して決めたいものです。

このほかにも、入学式の関連費用(スーツなど)や教科書・教材費などでもお金が必要となります。こういった、大学への納付金以外の費用についてもあらかじめ算出しておくとよいでしょう。

あわせて読みたいコンテンツあわせて読みたいコンテンツ

HOME > 保護者の方へ > 知っておきたいマネー講座 ―慶應義塾大学の受験費用・入学金・授業料(学費)―
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.