HOME > 慶應義塾大学入試情報2021 > 慶應義塾大学 入試結果分析2020

慶應義塾大学入試情報2021 慶應義塾大学 入試結果分析2020

※慶應義塾大学入試情報2021は、2021年4月入学予定者向けの情報です。
2020/06/11 更新

河合塾が慶應義塾大学の2020年度入試結果を分析しました。

慶應義塾大学 全体の動向

大学全体の志願者数は38,454人(前年比92%)と減少し、過去10年で最少の3万人台となりました。
志願者は全学部で減少しましたが、なかでも法学部(前年比88%)、経済学部(前年比88%)、看護医療学部(前年比86%)が高い減少率となりました。

法学部は法律学科の1,511人(前年比75%)と減少したのに対して、政治学科は1,548人(前年比105%)と対照的でした。予想ボーダーランクが法律学科はMランク(偏差値70.0)、政治学科が0ランク(偏差値67.5)でしたので、法律学科を敬遠した動きであると考えられます。ただしボーダーランクの変動はありませんでした。

理工学部は2020年度入試から学門の名称と構成を変更しました。理工学部全体の志願者は前年比95%ですが、志願倍率では学門D(機械・システム分野)が13.3倍、学門C(情報・数学・データサイエンス分野)が13.0倍、最も低い倍率の学門A(物理・電気・機械分野)でも12.1倍と大きな差はありませんでした。学門間の差もないことから、学門Cが1ランク(偏差値65.0)にアップし、全学門が1ランク(偏差値65.0)となりました。

慶應義塾大学 学部別の動向

※ 慶應義塾大学の「偏差値一覧」はこちらからご覧いただけます。

文学部

文学部の志願者数は4,351人(前年比92%)でした。
ボーダーランクは1ランク(偏差値65.0)と変動はありません。

経済学部

経済学部全体の志願者数は、6,149人(前年比88%)でした。方式別ではA方式が4,193人(前年比88%)、B方式が1,956人(前年比88%)となりました。

ボーダーランクはA方式、B方式ともに0ランク(偏差値67.5)と変動はありません。

法学部

法学部全体の志願者数は3,059人(前年比88%)でした。学科別では法律学科が1,511人(前年比75%)、政治学科が1,548人(前年比105%)となりました。

ボーダーランクは法律学科がMランク(偏差値70.0)、政治学科が0ランク(偏差値67.5)と変動はありません。

商学部

商学部全体の志願者数は、6,286人(前年比94%)でした。方式別ではA方式が3,845人(前年比94%)、B方式が2,441人(前年比93%)となりました。

ボーダーランクはA方式が1ランク(偏差値65.0)、B方式が0ランク(偏差値67.5)と変動はありません。

医学部

医学部の志願者数は1,391人(前年比91%)でした。
ボーダーランクはM1ランク(偏差値72.5)と変動はありません。

理工学部

理工学部全体の志願者数は8,230人(前年比95%)でした。

ボーダーランクは各学門で1ランク(偏差値65.0)と変動はありません。

総合政策学部

総合政策学部の志願者数は3,323人(前年比92%)でした。
ボーダーランクはM1ランク(偏差値72.5)からMランク(偏差値70.0)へダウンしました。

環境情報学部

環境情報学部の志願者数は2,999人(前年比90%)でした。
ボーダーランクはM1ランク(偏差値72.5)と変動はありません。

看護医療学部

看護医療学部の志願者数は565人(前年比86%)でした。
ボーダーランクは4ランク(偏差値57.5)から3ランク(偏差値60.0)へアップしました。

薬学部

薬学部全体の志願者数は2,101人(前年比94%)でした。学科別では薬学科が1,342人(前年比84%)、薬科学科が759人(前年比121%)となりました。

ボーダーランクは薬学科が1ランク(偏差値65.0)、薬科学科が2ランク(偏差値62.5)と変動はありません。

HOME > 慶應義塾大学入試情報2021 > 慶應義塾大学 入試結果分析2020
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.