HOME > 慶應義塾大学入試情報2022 > 慶應義塾大学 入試結果分析2021

慶應義塾大学入試情報2022 慶應義塾大学 入試結果分析2021

※慶應義塾大学入試情報2022は、2022年4月入学予定者向けの情報です。
2021/06/09 掲載

河合塾が慶應義塾大学の2021年度入試結果を分析しました。
偏差値は「慶應義塾大学 偏差値」をご覧ください。

慶應義塾大学 全体の動向

大学全体の志願者数は36,681人(前年比95%)と減少しました。近年、志願者の減少が続いていますが、前年踏襲の入試だったこともあり減少率は小幅にとどまりました。

学部別の志願者では、理工学部(前年比91%)、医学部(同90%)では減少率が高くなった一方、商学部(前年比102%)、看護医療学部(同108%)では増加しました。

補欠候補者の繰り上げ合格では、文学部と経済学部で候補者全員が合格となりました。大学全体でも1,283人が繰り上げ合格となり、2020年度入試の643人から倍近く増加しました。

慶應義塾大学 学部別の動向

※ 慶應義塾大学の「偏差値一覧」はこちらからご覧いただけます。

文学部

文学部の志願者数は4,243人(前年比98%)でした。
ボーダー偏差値は偏差値65.0と変動はありません。

経済学部

経済学部全体の志願者数は、5,797人(前年比94%)でした。方式別ではA方式が3,716人(同89%)、B方式が2,081人(同106%)となりました。
ボーダー偏差値はA方式、B方式ともに偏差値67.5と変動はありません。

法学部

法学部全体の志願者数は2,962人(前年比97%)でした。学科別では法律学科が1,603人(同106%)、政治学科が1,359人(同88%)となりました。
ボーダー偏差値は法律学科が偏差値70.0から偏差値67.5へダウン、政治学科が偏差値67.5と変動はありません。

商学部

商学部全体の志願者数は、6,404人(前年比102%)でした。方式別ではA方式が3,641人(同95%)、B方式が2,763人(同113%)となりました。
ボーダー偏差値はA方式が偏差値65.0、B方式が偏差値67.5と変動はありません。

医学部

医学部の志願者数は1,248人(前年比90%)でした。
ボーダー偏差値は偏差値72.5と変動はありません。

理工学部

理工学部全体の志願者数は7,449人(前年比91%)でした。
ボーダー偏差値は各学門で偏差値65.0と変動はありません。

総合政策学部

総合政策学部の志願者数は3,164人(前年比95%)でした。
ボーダー偏差値は偏差値70.0から偏差値72.5へアップしました。

環境情報学部

環境情報学部の志願者数は2,864人(前年比95%)でした。
ボーダー偏差値は偏差値72.5と変動はありません。

看護医療学部

看護医療学部の志願者数は610人(前年比108%)でした。資格系人気の高まりや、新型コロナ対応として2次試験の面接実施を取りやめたことも、志願者を集めた一因と推測します。

ボーダー偏差値は偏差値60.0と変動はありません。

薬学部

薬学部全体の志願者数は1,940人(前年比92%)でした。学科別では薬学科が1,203人(同90%)、薬科学科が737人(同97%)となりました。

ボーダー偏差値は薬学科が偏差値65.0から偏差値62.5へダウン、薬科学科が偏差値62.5から偏差値65.0へアップしました。

HOME > 慶應義塾大学入試情報2022 > 慶應義塾大学 入試結果分析2021
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.