HOME > 慶應義塾大学 合格体験記2019 > 慶應義塾大学 文学部合格(池袋校)

慶大合格体験記2019 『早慶大日本史』は苦手対策だけで
なく、授業に取り組む姿勢も学べた

2019年度 池袋校
文学部合格
2018年度 河合塾 池袋校 在籍高校グリーンコース
鳥巣 紗代さん
東京都 富士見高校 出身
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"慶大現役合格"へと導く河合塾のコース

慶應義塾大学をめざした理由は何ですか?

元々は早稲田大学か慶應義塾大学のどちらかに通いたいと考えていました。両校とも名門中の名門ですので、第一志望をどちらにするか決めかねていましたが、幼い頃からアナウンス志望だったこともあり、輩出の多い慶應義塾大学を選びました。

いつ頃から慶應義塾大学受験を意識した勉強を始めましたか?

本格的に勉強を始めたのは高3の4月からですが、高校生になるときには「慶應に行く」と、はっきりと心に決めていました。
河合塾に通い始めたのも高3の春からでしたが、その前から英単語だけは自分で勉強していました。

受験期を振り返って、合格できた要因は何だったと思いますか?

英語を得意科目にできたことは、とても大きかったと思います。私の志望する慶應義塾大学は他教科と比べて英語のウエイトが重かったので、英語が得意であることが強みになりました。

他教科においても、河合塾で一年間しっかり学べたことが合格につながったと思います。また、互いに高めあえた友人、熱心に指導してくださる講師の方々、面倒見の良いチューター(進学アドバイザー)、いつも明るく振る舞ってくれた家族の存在も心強かったです。

2019年度 池袋校

苦手科目はありましたか? あった場合は、どのような対策を行いましたか?

私は日本史が苦手でしたので、『早慶大日本史』の授業は毎回「人一倍吸収しよう」という気持ちで臨んでいました。授業後には講師室に通うように心がけ、疑問をできるだけ早く解消するようにしていました。いつも遅くまで丁寧に付き合ってくださった講師には、感謝してもしきれません。

自宅での学習は、テキストの問題演習と授業ノートの見直しを中心に、一問一答の問題集等も使いながら行っていました。特に授業ノートは、通塾中の電車内の時間等を利用して、暇さえあればひたすら読んでいました。

試験当日の様子や試験の手ごたえについて教えてください。

試験会場はとにかく人が多かったです。この受験生たち全員が同じ学部を受験するのかと思うと、ゾッとしました。教室に着いてからも、壊れそうなくらいボロボロになった単語帳を持っている受験生を見つけるなど、何かと周りが気になってしまう日もありました。
そのようなときのために、今までの自分の努力が実感できるようなものを持っていくと、安心材料になってよいと思います。

また、同じ問題が他で出題される可能性の高い日本史だけは、受験後すぐに復習していました。

合格を知ったときはどのような気持ちでしたか?

とても嬉しかったです。特に慶應・文学部はほぼ記述式で自己採点ができなかったので、合否結果が出るその瞬間まで不安でした。これで周りの方に恩返しができる、憧れの慶應義塾大学に通えると思うと、喜びが溢れてきました。

受講していた講座を教えてください。

『早慶大日本史』と『早大現代文』、『早大古典』を受講していました。どの講座も、初めは受講生の多さに圧倒されてしまいましたが、回数を重ねるごとに慣れていきました。
講師の方々は、私たち一人ひとりをしっかりと見てくださっている印象が強かったです。特に『早慶大日本史』では、生徒の積極性を促す授業スタイルで、授業に取り組む姿勢も学ぶことができました。

河合塾でよかったことは何ですか?

一流のプロ講師の授業を生で受けられることが、河合塾の一番の魅力だと思います。授業を生で受けることで、講師に直接質問できたり、映像授業にはない緊張感を味わえたりと、良い点がたくさんあります。

また、身近に担当チューター(進学アドバイザー)やクラスチューターがいてくれたことで、授業や進路に関することはもちろん、大学の様子等も詳しく聞くことができました。

講師やチューターにメッセージをお願いします。

一年間、本当にお世話になりました。毎回の授業後、遅くまで私の質問に真摯に向き合ってくださった講師の方々、時に優しく、時に厳しく喝を入れてくださったチューターには、感謝の気持ちでいっぱいです。

慶應義塾大学をめざす後輩へメッセージをお願いします。

これからの気の持ちようで、受験の結果は良くも悪くも、どうとでも変わります。自分の目標を一度決めたら、ブレずに最後まで自分を信じて頑張り抜いてください。応援しています。

チューター(進学アドバイザー)からのメッセージ

鳥巣さんはわからない部分があると、授業の前後に講師室へ行って講師にたびたび質問をしており、非常に高い学習意欲を持っていたことが印象的でした。自分の実力や弱点をよく把握したうえで、自ら学習計画を練り、目標に向けて地道に努力をし続け、十分に実力を伸ばして合格を勝ち取りました。
大学へ進学しても、持ち前の明るさと積極性を活かして頑張ってください!

堀籠 稔真

堀籠 稔真

河合塾 池袋校

【本館】
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-29-17
TEL:0120-198-630

河合塾 池袋校
詳細を見る
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を"慶大現役合格"へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を"慶大合格"へと導く河合塾のコース
HOME > 慶應義塾大学 合格体験記2019 > 慶應義塾大学 文学部合格(池袋校)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.