HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 志望にあわせた対策 過去問を活用し今後の勉強の指針に(文学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・文学部) 志望にあわせた対策
過去問を活用し今後の勉強の指針に

M.K さん
M.K さん
文学部
東京都 出身
2019年度 河合塾 池袋校 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

高校グリーンコース 受講講座

志望にあわせた対策は、合格に向けて欠かせないことと思います。ですが、確信できる道を見つけることはなかなか難しいのではないでしょうか。今回ご紹介することが、皆さん自身のやり方を見つけるうえで、少しでも参考になれば嬉しいです。

夏休み中に過去問を解き、今後の勉強の指針に

私は高3のときに将来やりたいことが明確には見つからなかったので、文学部の幅広く学べ、2年次に専攻を選ぶことができるというところに魅力を感じ志望しました。

過去問は、受験を考えていた大学はすべて夏休み中に一度解きました。このときは出来不出来ではなく、出題傾向やこれから何を重点的にやればよいかを知ることに重きを置くことにしていました。そうすることで、今後の勉強の指針を考えることができたと感じています。

※『慶大合格者の過去問活用』では、合格者が行った対策をご紹介しています。

本格的に過去問を解き始めたのは、10月頃です。最初はいくつか安全校の問題を解いて、少し自信がついたところで早慶大などの難関校に移行しました。その際、解いたときに感じたことや試験傾向を簡単にまとめるノートをつくるとよいと思います。これは受験当日の強い味方になります。

※『慶大生の科目別ノート活用術』では、過去問ノートの作成方法をご紹介しています。

一つの課題にじっくり取り組もう

慶應義塾大学は、私立大の中でもかなり特殊な入試だと思いますので、併願校の中で出題傾向が似ている大学はありませんでした。たとえば慶應義塾大学の文学部はマーク形式の問題がない一方、私の併願校であった上智大学や明治大学、法政大学などはオールマーク形式でした。

そのため、慶應義塾大学の対策のために、記述式の練習を行いました。特に日本史など社会系の科目は漢字の間違いが命取りになることもあると思いますので、一問一答などでも書けるかどうか確認しながらやったほうがよいと思います。

また、小論文は英語や社会とは違い、数をこなせば確実にのびるというものではないと思います。ですので、私は一つの議題に対して多角的に見てみたり、出題者は何を求めているのかなどじっくりと考えたりするようにしていました。

併願校対策で気分転換

慶應義塾大学の問題は先ほども述べたように特殊なうえ、難度も非常に高いので、私も過去問を解いてみては自分のできなさにがっかりしていました。そのようなときにあえて併願校のための勉強をすることで、気分転換をしていました。

たとえば、現代文や古文、漢文は慶應義塾大学を第一志望にしている人はおろそかにしてしまいがちかもしれませんが、それらを勉強することは小論文を書くうえでもヒントになり、また併願校の確実な合格にもぐっと近づけると思います。

最後に

1学期は何をやればいいのか、自分のやっていることは正しいのだろうかと疑心暗鬼になることも多いと思いますが、自分の信じた道を貫いてください。きっと2カ月後には成果が少しずつでも見えてくるはずです! 実り豊かな日々になりますように、お祈りしています。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

  • 志望にあわせた対策理系
慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

  • 志望にあわせた対策理系
HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 志望にあわせた対策 過去問を活用し今後の勉強の指針に(文学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.