HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 入試で最後までやりきるポイント(法学部)

慶大受験を乗り切るために(文系・法学部) 激励メッセージ
入試で最後までやりきるポイント

N.I さん
N.I さん
法学部政治学科
東京都立西高校 出身
2018年度 河合塾 吉祥寺現役館 在籍高校グリーンコース
高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース

いよいよ入試が近づいてきました。皆さん、緊張しつつも勉強を進めていることと思います。入試前や当日の経験をもとに、最後までやりきるためのポイントを書きたいと思います。

最後まで対策を続けよう

最後まで対策を続けることが大切です。特に現役生は最後まで伸びます。「何日の午前にはこれをやる」などと計画を立て、やるべきことを一つ一つクリアしていきましょう。

難問にひるまない

慶應義塾大学の入試問題には誰にも解けないような難問もあります。また、平均点が大幅に下がることもあります。倍率も変化するなかで、いくらか解けないからといってその場で絶望する必要はどこにもありません。
試験中は落ち着いて解ける問題を探し、休み時間は荒んだ心を癒して気持ちを切り替えていきましょう。

他大学で合格しても油断しない

慶應義塾大学の入試日よりも前に、併願校や他校のセンター利用入試に合格する人もいるでしょう。そこで勢いに乗れればよいですが、決して油断しないようにしましょう。

体調管理は万全に

私は国立大学も受験しました。国立大学の試験日は慶應義塾大学の合格発表の4日ほど後でした。慶應義塾大学の合格を手にして喜んで、さあ次だと意気込みました。しかし、そこで風邪を引いてしまい、試験日までには一応回復しましたが、リスニングや数学の仕上げなどができずじまいでした。体調管理には気をつけましょう。

ポジティブになろう

たとえば星座占いで悪い結果が出ようとも、それは「悪い結果となる」ではなく「正しく対策すれば風邪や忘れ物も含めて悪い結果を免れられる」ということだと思います。実際に星座占い最下位に自己ベストを出したこともあります。逆に良い結果でも油断すべきではありません。

何があってもあきらめない

あきらめは禁物です。高校受験のときの話です。高校に着いた私は、1時間目の国語の試験が始まる前にトイレに行きました。便器に座ったところで、なんと隣の個室から大量の水が流れ込んできたのです!
たまらず逃げ出した私は、そのまま国語の試験を受けることになり、集中力を欠いて重要だった200字作文ができませんでした。
トイレにいった後の数学はさらに出来が悪く、証明問題など重要な問題が解けず、結果平均を大きく割り込み45点しか取れませんでした。

しかし、ここで私はあきらめませんでした。まず可愛いキャラクターのついたストラップで心を癒しました。そして、不得意科目と思っていた英語では、時間が足りず英作文を書けなかったものの、他はおおむね解き切って8割越えを果たしました。
さらに、午後の社会・理科はどちらも満点に迫り、倍率の低さにも助けられ見事合格できました。

最後に

受験生の皆さん、頑張ってください。慶應義塾大学に入塾し、真価を発揮されることを心から願っています。

高校グリーンコース(高校生対象)
高校生を“慶大現役合格”へと導く河合塾のコース
大学受験科(高卒生対象)
高卒生を“慶大合格”へと導く河合塾のコース

関連記事を読む

慶大受験を乗り切るためにトップへ戻る

関連記事を読む

HOME > 受験対策 > 慶應義塾大学受験を乗り切るために > 激励メッセージ 入試で最後までやりきるポイント(法学部)
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.