HOME > 受験対策 > 慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE4 高1・2で意識するとよいこと

慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと CASE4
高1・2で意識するとよいこと

法学部 N.Iさん

部活や行事に取り組む

高校1・2年生の頃には、まず自分が高校でやりたいこと、たとえば部活動や行事の実行委員会といったものにできるだけ取り組むのがよいと思います。これは、受験期に勉強以外に気がそれることを防ぐためです。

高校3年生の受験期というのはかなり長く感じるもので、僕は勉強が嫌になることがありました。そのとき嫌になった原因の一つが高校生活に未練が残っていたことでした。このことを防ぐために、授業の課題やテスト勉強をしっかりこなしつつ、行事にも取り組むことが大切だと思います。

少しでも勉強時間を確保する

日々の学習は、僕は定期テストや時折ある模試、毎週の英単語や英文法・古文単語の小テストをペースメーカーにして進めました。そのことはよかったのですが、うまくいかない部分も多く、たとえばテストのときに提出する数学の問題集は、きちんと提出できた場合も多かったものの、解きなおしまではほとんど手が回りませんでした。もう少しスケジュール管理をしっかりすべきでした。

暗記は、寝る前や電車での移動中など少しの時間でも有効に活用しようと思いましたが、これも、自転車通学だったこともあり、受験期以前はなかなか時間が取れませんでした。勉強時間や勉強の進み具合は理想と現実がかけ離れることがあると思いますが、5分でも10分でも勉強時間を確保するようにしましょう。

生活リズムを保とう

授業中はしっかり起きているべきです。できるだけ授業中に授業内容を理解したり、問題演習の時間があれば問題演習をしたりしましょう。そのためにも、睡眠時間を十分に確保し、規則正しい生活リズムを保つのがよいと思います。僕は6時間睡眠がちょうどよい睡眠時間でした。

慶應義塾大学に進学したい理由を見つける

慶應義塾大学に進学したい確固たる理由を見つけることも、受験期のモチベーション維持につながります。オープンキャンパスへの参加や慶應義塾大学・各学部のサイトを通して入りたい教授のゼミを見つけたり、三田祭や慶早戦などの参加したい行事を見つけたり、もしくは慶應義塾大学での学生生活を想像したりするのがよいと思います。

慶應義塾大学に現役合格するためには、効率の良い学習の積み重ねが重要!

河合塾の高校グリーンコースは、週1回1講座から科目別に受講できるので、部活や学校行事と両立できます。
志望大学や目的、学力にあわせた豊富な講座ラインアップ。対面授業で着実に学力が身につきます。

慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきことトップへ戻る

慶應義塾大学に現役合格するためには、効率の良い学習の積み重ねが重要!

河合塾の高校グリーンコースは、週1回1講座から科目別に受講できるので、部活や学校行事と両立できます。
志望大学や目的、学力にあわせた豊富な講座ラインアップ。対面授業で着実に学力が身につきます。

HOME > 受験対策 > 慶大生に聞く! 高1・2生がやるべきこと > CASE4 高1・2で意識するとよいこと
pageTop
Copyright©Kawaijuku Educational Institution.
All rights reserved.